主な利用者は住友カードローンではどのようになっていますか?

この銀行はいいな~と感じる銀行に住友カードローンがあるのですが、実際に利用されるケースではどのようなケースがあるのでしょうか?中々にいい銀行の割に、どのような特徴があるのかがわかっていないので教えてください。

将来的にローンを一本化する際に住友カードローンを利用します

なんといっても住友カードローンは、金利が4.0~14.5%で最大800万円まで借入可能となっているのが大きいです。銀行カードローンについては、「平均的には300万円を上限」としておりますので、住友カードローンは間違いなく最高水準の借入先となってきます。銀行の限度額では、みずほ銀行の1,000万円といったケースもあるのですが、それでも住友カードローンが高い水準にあるのは間違いありません。

また、住友カードローンでは最短で30分以内の審査についても対応していますので、よくある即日融資についても最速の対応が期待できます。(こちらも参考に!→三井住友の審査に通りたい時)これだけの好条件が揃っている銀行というのも珍しいのですが、住友カードローンでは借入についても余裕をもったサービスが有名です。例えば、本来であれば銀行であっても一本化などをローンでするのは難しかったりします。

ですが、住友カードローンではインターネットについても対応となっておりますので、そのようなローンについても可能かどうかがわかったりするのです。簡易シミュレーションが可能なわけなのですが、それでもローンを一本化する場合でも対応可能となっているのは素晴らしいでしょう。また、どのような人が実際に利用されているのかについては、やはりローンが複数あって困られている人が一本化する際に、特に住友カードローンは使いやすいカードローンとして重用されているという結論になります。お借入やご返済については、当行ATMだけでなくコンビニのATMからでも可能と対応のバリエーションも豊富です。

【参考ページ】
カードローンのいいところと悪いところ

三井住友カードローンは低金利でおすすめです

三井住友カードローンは銀行にある自動契約機の他、電話や窓口による申し込みの他、パソコンのインターネットなどを利用して申し込みすることができます。借入れや返済の際には全国のコンビニATMを使って行うことができ、ローソンATM、セブン銀行、E-netATMを利用の際は手数料が無料となります。テレホンバンキング、インターネットバンキング、モバイルバンキングなどを利用することで借入れをすることもできます。申し込み時には本人であることが確認できる運転免許証、健康保険証、パスポートなどの書類が必要になります。三井住友銀行のキャッシュカードを所持している方であれば、手持ちのキャッシュカードにローン機能を付けてローンカードと兼用にすることもできます。

毎月一定の支払い期日を指定して返済する方法もありますが、その場合は三井住友銀行の口座を保有していることが必要になります。借入れの申し込みを行ってから審査の結果が出るまでは最短であれば30分で行われ、その日のうちに融資を受けることも可能ですので、すぐにお金を必要としている方にとって嬉しいサービスとなっています。借入れの最大限度額は800万円まで行えますが、300万円以下の借入れの場合は本人の収入を証明する書類の提出が無くても申し込みすることができます。

借入れの申し込みを行うには年齢が満20歳以上~満65歳以下の方で安定した収入のある方のうち、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社の保証を受ける方であることが条件になります。事業性が無ければ借入れ金の用途は自由に使うことができ、保証人も必要ありません。金利は年率4%~14.5%で借入れを行うことができ、利息制限法で定められている利息よりも大幅に安いものとなっています。また、三井住友銀行で普通預金口座を所持している場合や、住宅ローンなどを契約している場合は金利が安くなることもあります。銀行系のカードローンである三井住友カードローンは、借入れ金額の総額が契約者の年収の3分の1以上になる場合は融資してはいけないという貸金業法で消費者を保護する意味で制限されている総量規制の対象にはならない点もおすすめのカードローンと言えます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.