利用によっては三井住友銀行カードローン

キャッシングベスト3

利用によっては三井住友銀行カードローン信用情報の記載される?

人によっては、三井住友銀行カードローン信用情報の記載で借りられなくなったという話を聞きました。三井住友銀行カードローンでもそうなのですが、この信用情報の記載についてはどのような仕組みになっているのでしょうか?

必ず登録を行うという厳正な仕組みになっています

重要なことなので先に案内しますが、「信用情報の記載」についてはどこの銀行であっても行います。というのも、信用情報には信用情報機関があるからで、加盟している銀行というのはすべてとなっているからです。なので、銀行では安定して安心できる人にお金を貸せる・・・となっておりますし、この記録についても信用情報に関するものについては絶対に行われるようにもなっています。

では、どうして金融事故で小規模なものを起こしても安全な金融業者があるのか・・・というと、「独自の裁量」というものがある金融業者もいるからです。わかりやすいケースでは、サラリーマン金融で金融事故を起こした場合がそうです。サラリーマン金融は顧客を重要に見ていますので、返済遅延が頻発しない限りは契約者について悪く扱うことが少ないのです。

なので、サラリーマン金融と銀行を同時に利用している際に、サラリーマン金融で遅延が発生していても銀行などで増額融資を受けられたりするのです。銀行の場合、そのような情報についても審査上の問題となりますので記載をするようになっています。また、大手銀行ではグループ会社で利用できる情報についても作成しています。つまり、信用情報の記載以外にも信用として扱われる情報が銀行では存在しているとなるのです。

三井住友銀行カードローン信用情報の記載について

三井住友銀行は戦前から続く大企業の三井住友が作った銀行業務です。三井住友銀行は大企業の経営するメガバンクで他社の銀行に先駆けてカードローンの商品に力を入れてきました。銀行カードローンは銀行であるために安心と信頼感がある反面審査がむずかしいというイメージが強いカードローンです。しかし2010年くらいからの貸金業法や利息制限法の改正により総量規制が及ぶ消費者金融が衰退していき、逆に銀行系カードローンが人気となってくる中で、三井住友銀行と同じメガバンクである三菱東京UFJ銀行がカードローン業界で台頭してきました。そういった状況の中で三井住友銀行カードローンの審査は変わってきました。

当時はプロミスという消費さy金融がありましたが、三井住友銀行はこれを子会社として取り込み、その社名をプロミスからSMBCコンシューマーファイナンスに変更しました。これは三井住友グループ全体が金融業界に力を入れてきて、積極的に融資を行っていこうとする姿勢を示しています。(こちらも参考にどうぞ→プロミスが三井住友の審査に影響する?)個人に対する融資を行っていく業務は利益がほかの事業よりも多く見込むことができる事業ですので、法律改正により利息の取りすぎが問題となり過払い利息の返還請求が下火となってきた後に新規融資の業界が回復してきたときに、金融業界は攻めの姿勢に変わっていきました。
(⇒三井住友とプロミスの違い

SMBCコンシューマーファイナンスは三井住友銀行の保証会社ですので、三井住友銀行カードローンの審査はSMBCコンシューマファイナンスが行います。そのため三井住友銀行カードローン信用情報の記載についてはこの会社が調査し、返済能力の有無を決定することになります。三井住友銀行の審査はもともと消費さy金融であるプロミスが社名を変更したSMBCコンシューマーファイナンスが行うため、銀行が行っていた審査よりも簡単になるのです。そのため個人の之繞情報に少々欠損があったとしても三井住友銀行の審査に通ることができるのです。

【参考ページ】
三井住友の審査をプロミスが行うのはどうして?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.