三井住友銀行カードローン過払い金の行方

キャッシングベスト3

三井住友銀行カードローン過払い金ってどうなっちゃうの?

三井住友銀行カードローンを長く利用していましたが、過払い金があったのではないかと考えています。かなり長い期間返済を続けていたので、もし過払い金があって戻ってくるならラッキーだなとおもっているんですが、いかがでしょうか?

三井住友銀行カードローンではほぼ過払い金はないはずです

ふむ、三井住友銀行カードローンにおいての過払い金がどうかということじゃな。確かに、グレーゾーン金利というものがあった時代から利用していた人からすれば、過払い金については大きな関心事の一つじゃろう。しかし、三井住友銀行カードローンの場合、グレーゾーン金利である利息制限法以上の利息で貸し付けを行っていたことはないはずじゃ。

ただし、継続契約をしていたり、遅延損害で債権譲渡されたなどの場合は別じゃ。確実に確認したい場合は、弁護士事務所や司法書士事務所など、最近は過払い請求に力を入れている事務所も増えてきているので、そういった専門家に確認してもらうのが確実な方法じゃろう。

自分で確認する方法は簡単じゃ。借入金が10万円以下なら20%、100万円以下ならば18%、100万円以上なら15%という風に、利息制限法には定められている。それを上回っての借り入れであった場合は、過払いが発生していると言える。

ただし、過払い請求をした場合は、それに関連する金融機関からの借り入れはできなくなるから注意が必要じゃぞ。三井住友銀行カードローンの場合は、保証会社はSMBCコンシューマーファイナンスであり、プロミスじゃが、こちらに対し過払い金返還申請をすると、三井住友銀行カードローンも利用できなくなる恐れがあるということじゃ。やはりどういった場合でも、専門家の目を一度は通したほうがよいじゃろう。大した金額でない場合は過払い請求をしないというのも一つの手じゃ。上手にカードローンと共存していく道を選択しよう。

三井住友銀行カードローン過払い金でお金を取り戻す

2010年に改正貸金業法が完全施行され、グレーゾーン金利がなくなりました。グレーゾーン金利とは、利息制限法で定められた上限金利を上回っている違法性のある金利だけど、出資法には違反していないので逮捕されない、という何とも曖昧な金利のことを言います。逮捕されないのなら、当然どの金融機関も出資法に従い、利息制限法よりも高い金利を設定しますよね。

しかし、改正貸金業法により、出資法の上限金利が引き下げられ、利息制限法と同じ金利になるように設定されました。つまり、元金が10万円未満の場合は年利20%、10万円以上100万円未満の場合は年利18%、100万円以上の場合は年利15%以下になるよう設定しなくてはならい、という基準で一致しました。これを受けて、当時27.8%というグレーゾーン金利を設定していた三井住友銀行も、金利が20%以下になるよう利率を調整することとなりました。しかし、直前までグレーゾーン金利で返済していた方にとっては、なんだか釈然としない話ですよね。もともと違法性のある金利をなぜ利用していたのか、本来なら払う必要のない金利を払わされていたのではないか、そう思うのは至極当たり前のことです。また、当時の契約で結んだグレーゾーン金利で、現在も払い続けている方もいるでしょう。

そのような方のために、グレーゾーン金利で払い過ぎていた分(過払い金)を払い戻せるという救済措置も存在します。あまり過去に遡って過払い金を請求するのは無理ですが、最後に取引をした日から10年以内であれば、三井住友銀行カードローン過払い金の返還請求を行うことができます。現在グレーゾーン金利で返済している方は、契約は契約ですので、いったんすべて払い終わってから、過払い金請求してお金を取り戻すという流れが一般的です。また、10年よりも前にグレーゾーン金利で借りているけど、同じ業者から再び借入し、現在も取引が継続しているような場合なども、連続した取引として過払い金請求の対象となる可能性があります。一人一人状況が異なりますので、弁護士に相談して詳細を確認することをおすすめします。

【参考ページ】
三井住友銀行カードローンを全額返済したら

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.