プロミスと三井住友銀行カードローンの違い

キャッシングベスト3

プロミスと三井住友銀行カードローンの違いを教えてよ!

プロミスと三井住友銀行カードローンの違いについて教えてよ!カードローンって調べてみたらいろいろ出てきたんだけど、このどちらかにしようかなと考えてるんだ。プロミスはCMや電車の広告なんかでよく見るし、三井住友銀行は普通預金口座を持っているからね。

でもこの二つ、どこが違うの?どちらも大して変わらないならどちらでもいいかなとも思うんだけど、あまりにも内容が違うんなら考えないといけないと思うんだ。実際のところどうなの?

プロミスは消費者金融、三井住友は銀行系カードローンとなります

プロミスと三井住友銀行の違いについてですね。この2社は、同じカードローンであってもそのサービス内容は大きく異なってきます。プロミスは消費者金融系のカードローンであり、三井住友銀行は銀行系カードローンの位置づけになります。この違いについて、詳しく説明していきましょう。

まずプロミスですが、こちらは消費者金融となり、金利がやや高く設定されている代わりに、銀行系カードローンのものより審査の敷居が低く、通りやすいという特徴があります。アルバイトやパートなど、収入の安定性において不安な人でも借りやすくできています。(こちらも参考に→アルバイトやパートでも使えるカードローン

三井住友銀行カードローンは、銀行系カードローンであり、金利が低く設定されている代わりに、審査の敷居がやや高く、安定した収入があることが求められます。限度額(極度額)は最大800万円まで設定できるという超大型のカードローンであり、貸金業界でも最大級となっています。多く借りれば借りるだけ利率は下がり、高所得者のカード利用には非常に便利です。

上述した点に加え、大きな違いとなるのが、「限度額」についてです。2010年に正式に施工された貸金業法の中の「総量規制」において、消費者金融での借り入れは、年収の三分の一以下でなければならない事が定められました。銀行系カードローンはこの対象外となります。この法律に照らすと、収入のない人は、消費者金融からは全く借り入れができないということになります。当然、審査の段階で落とされてしまいます。

それに対し銀行系はその縛りがないため、収入がない人でも借り入れができる場合があります。最も多い例が、専業主婦です。本人に収入がなくても、配偶者に収入があれば借り入れができるのです。ただし三井住友銀行の場合は、原則として本人に収入があることを条件としていますので、審査に於いて落とされてしまう可能性は高いです。とはいえ、限度額が縛られないのは非常に大きいです。年収に関わらず限度額を引き上げていけるので、非常に頼れる存在となります。

これらが、プロミスと三井住友銀行カードローンとの主な違いとなります。そのほかには、返済方法が違っていたり、利用できるエリアが違ったりなどといった細かい違いはありますが、そう大きな違いはありません。自身の状況に合わせて、申し込みをしてみましょう。安定した収入があるのであれば、はじめは三井住友銀行カードローンの審査を受けてみたほうがメリットが多いと言えます。

プロミスと三井住友カードローンの違いの一つは貸金業者と銀行の違い

消費者金融の一つにプロミスがあります。プロミスと言うのは従来の消費者金融の社名になりますが、現在の社名はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社になります。また、プロミスはサービスブランドとして従来の消費者金融の社名が利用されていると言う特徴があるのです。更に、プロミスは三井住友フィナンシャルグループの子会社であり、三井住友フィナンシャルグループの子会社には三井住友銀行が有ります。そのため、プロミスと三井住友銀行の親会社は共通なのです。
(⇒三井住友の審査にはプロミスが影響する?

所で、プロミスと三井住友カードローンの違いと言うのはどのような違いがあるのかですが、プロミスは消費者金融になりますので総量規制の対象になります。しかし、三井住友銀行は銀行法に基づいて運営が行われているため、貸金業法は適用外になると言う違いがあります。プロミスでは20歳以上、69歳以下の人が対象になりますが、専業主婦の人は総量規制が有りますので利用する事が出来ません。その点、三井住友カードローンは総量規制の対象外になりますので、配偶者に安定した収入がある専業主婦の人もカードローンの利用が可能になると言った違いがあるのです。

親会社が三井住友フィナンシャルグループでも、プロミスは貸金業法、三井住友銀行は銀行法と言う異なる法律での運営になりますので、利用出来る人においても違いが出て来るのです。因みに、三井住友カードローンは、契約極度額は最高で800万円までになりますがプロミスは最高で500万円までになります。また、三井住友カードローンは、契約極度額が300万円以内であれば、収入証明書の提出が不要になっていますが、プロミスの場合は希望借入額が50万円を超える場合や、他社借入れ残高の合計と借り入れ希望額の合計が100万円を超える場合は収入証明書類の提出が必要になります。この事からも、プロミスと三井住友カードローンの違いと言うのは、消費者金融と銀行と言う観点の上での総量規制の有無に大きな違いがあるという事なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.