三菱東京UFJカードローン申込書をダウンロードしてきました

申込書についてはダウンロードできるとあったので、三菱東京UFJ カードローン申込書をダウンロードしてきたのですが、申請においては次になにをすべきなのでしょうか?

ダウンロードは必須ではありません

銀行の申込書などについては、過去にPDFをはじめとして重要な情報や、ジャンル分けされている情報についてはダウンロードができるようになっていただけ・・・だったりします。なので、ダウンロードは必須でもありませんので注意してください。また、今回は審査などの申請かと存じますが、基本的に今ではネットの申し込み解説というページで情報については掲載もされていたりします。

例えば、ステップ1についてはダウンロード(申込書のダウンロード)となっています。次に、申込書に記入をして郵送となっているのですが、今ではネット対応がされていますし、他にも店舗以外の方法で申請ができるようになっているので、実をいうとダウンロードそのものが不要な対応までステップ1では多かったりもします。今回は、ダウンロード前提で案内をしていきますが、次に対応するステップ2について前述の郵送となります。

郵送されると、その後1日~で対応がされるようになっています。後は、審査待ちのステップ3となりステップ4では審査について通過した場合の対応となっています。ここからの対応については、三菱東京UFJ カードローン以外でも対応は同じで、後は「契約書に記入、サイン(捺印)をするだけ」となっています。契約締結後、通常のカードローンのように利用ができるようになっているので、実際に出金をしてから自由に利用をするとよいでしょう。

【こちらも参考になります】
三菱東京UFJ銀行カードローンの増額

三菱東京UFJのカードローンに関する申込書はFAXやウェブからダウンロード

三菱東京UFJ銀行のカードローンであるバンクイックへは複数の申し込み方法があります。もっとも手軽なのは「インターネット&モバイル」という方法で24時間受付をしていますし、三菱東京UFJ銀行の預金口座を開設しなくてもカードローンを利用することができるのです。申込書はダウンロードをする形でなく、投稿フォームの空欄を埋めていく形となり記入内容に間違いがなければ送信をして、審査の結果を待ちます。

カードローンの利用を開始したのち連絡先を変更しなくてはならないケースがあります。結婚や離婚をして苗字が変わる場合は氏名、そして引越しをした場合は住所、さらには携帯電話の機種変更によって電話番号が変わる場合は、ウェブサイトから変更届けをダウンロードします。バンクイックのページにあります「よくあるご質問」の「各種手続き・照会」という項目に「ご連絡いただいた際にご案内する変更届」というものがありPDFへアクセスします。

氏名などの変更は必ず自署になりますので、PDF上にパソコンのキーボードで記入していくのは認められません。ダウンロードをし紙にプリントして使用します。変更事項については複数まとめて行うことも可能となっており、必要項目を埋めたら三菱東京UFJ銀行の第二リテールアカウント支店宛てにFAXをして手続き完了となります。ダウンロードをする際には「個人情報の利用目的 」というPDFが2ページ目についていますので、内容をしっかりと読み込む必要があります。

また、三菱東京UFJ銀行のカードローンではFAXメニューも充実していまして、審査後の契約に必要な書類やカード再発行のための書類などをFAXで取り寄せることができますし、その他にも自動支払い依頼書や利用申込書などがあります。いずれにせよ、手続きの際に不明点があれば、通話料無料の第二リテールアカウント支店専用ダイヤルへ連絡をして質問ができるので、安心して手続きを終えることができます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.