審査で三菱ufjカードローンの審査が厳しく感じます

特に借入については多くないのですが、6件ほどのカードローンで三菱ufjカードローンの審査に落ちました。つまり、7件目のカードローンが三菱ufjカードローンなのですが審査が厳しすぎるような?という感じです。昔からこんなに審査は厳しいものだったの?

借入金額だけで銀行は判断をしていません

今回のケースでは、「借入金額ではなく属性の問題」のように感じます。また、借金については銀行などであれば「年収の3分の1」までであれば借りられるようになっていますので、今回のケースでは借りすぎている状態が問題ではないかと存じます。借りすぎている状態とは、例えば三菱ufjカードローン以外で6件もカードローンされているという状況を言います。

本来であれば、このようなケースではよほどの属性がないと借りられないようになっていますので注意してください。例えば、今あるカードローンを「おまとめローン」にするのであれば、借りすぎている状態から解放されるので借りられるケースもあります。もしくは、2・3件ほど借りているものを減らしてみるというのも大事です。三菱ufjカードローンほどにもなってくると、借入金額については100万円を優に超えるようになっているので、金額で破綻しているわけではないように感じるのです。

それと、銀行とサラリーマン金融でカードローンされている場合には、「どちらか片方でまとめる」というのも重要です。そのようにして借りるようにするだけでも、審査についてはずいぶんと対応に余裕が出来たりもしますし、先ほどの属性についても「同じ業者や同じ系統で借りる」というのは高い評価につながっているのです。このような背景もありますので、金額や年収については最低限でこだわるだけで問題ありません。

【参考ページ】
三菱東京UFJカードローンの増額方法

三菱ufjカードローンの審査は緩いです

少し前までは財閥として猛威を振るっていた大企業である三菱は今でも非常に大きい企業の一つです。その三菱が作った三菱ufj銀行は業界でも大手のメガバンクとして多くの方が利用していますし、その経営も安定していますので利用することも安心して行えます。この三菱東京UFj銀行は幅広い方が融資を受けることができるようにカードローンを設けており、バンクイックという名前の通り非常にスピーディに融資を受けることができるようになっています。ここでは三菱東京UFJ銀行が開設しているバンクイックというカードローンの審査について解説します。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンの申込み

通常カードローン業者はどこでも審査を行ってから借主に融資を行います。その審査は借主の返済能力や経済的信用情報について調査を行い、ローンの返済を受けることが可能かについて判断を行います。銀行のカードローンの審査は従来厳しいものとなっていました。それは銀行の金利は消費者金融のものに比べると非常に軽くまたその取立ても厳しくなかったためにそのチェックを厳しくして自分で返してもらう人だけに返済する必要があるのです。
(⇒三菱東京UFJは金利が安い?

これに矛盾するようですが、現在では銀行のチェックは簡単になっています。それは昨今は利息制限法の改正により金融業者の定めた利息が法定利息以下でなければすぐに無効になってしまうようになったので、それほど利益を見込むことができなくなったためです。そのため銀行は返済を行うことができるひとを探すのではなく、借りる人を探すことにその方針を変更しています。また銀行は主に担保を持っている方に融資をおこなうことについてノウハウを持っているのみですので無担保の方に対する融資はなれていません。そのため三菱東京UFJ銀行はカードローンの審査を行う業者をアコムという消費者金融に任せています。そのため三菱東京UFj銀行で融資を受ける場合のチェックは消費者金融と同じくらいの厳しさとなっており、従来より緩いのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.