検討しているので東京三菱のカードローンについて教えてください

知り合いから東京三菱のカードローンを勧められました。また、最初は他を選ぶつもりだったのですが、実際に悪い点も見当たらないので東京三菱のカードローンでいいかな・・・というところです。東京三菱カードローンはデメリットなどはないのでしょうか?

デメリットより若干メリットが多く使いやすいです

デメリットがないのか?というと、銀行カードローンであれば存在するとしか言えません。例えば、銀行カードローンは借りられる金額については大きいほどに審査が厳しくなる特徴があります。なので、サラリーマン金融などと比較すると最初から大金を借りられるとはなっていないと思っておきましょう。

次に、東京三菱カードローンは最終的に100万円以上であっても借りられるようになっているのですが、基本的に審査については厳しいケースもあります。例えば、銀行カードローンとサラリーマン金融を複合的に利用されている場合には、東京三菱カードローンのような大手銀行については「審査が厳しくなる」と思っておくとよいでしょう。

ただ、これらのデメリットについてはそれほど問題でもありません。というのも、東京三菱カードローンの場合には借りられる金額については、銀行の中でも特に大きいからです。100万円以上を安定して貸しているほどの銀行なので、組み直しなどを検討に入れて金利分の損失を減らしたい場合であっても、東京三菱カードローンのような大手銀行の場合には専門のアドバイザーまで用意されていたりもします。

東京三菱のカードローンは2種類あります

東京三菱のカードローンは2種類のサービスが展開されており、バンクイックとマイカードプラスがあります。バンクイックはインターネットを利用することで24時間365日いつでも借入れの申し込みをすることができて、最短のケースであれば30分で審査の回答が出され融資を受けることが出来ます。三菱東京UFJ銀行の公式サイトで診断シミュレーションを受けることができ、お試し審査によって融資を受けることができるかどうかを知ることができます。申し込みの条件は年齢が満20歳以上から65歳未満で日本国内に居住している一定の安定的な収入を得ている方が対象であり、アコム株式会社の保証を受けることも借入れるための申し込みの条件となっています。

借入れの金利は4.6%から14.6%となっており、最高の限度額は500万円まで借り入れることができます。審査を通過すれば主婦や学生の方でも借り入れることが可能で、主婦の場合は限度額の最高は30万円まで、学生の場合は限度額の最高は10万円までとなっています。(こちらも参考に→三菱カードローンのわかりやすい限度額増額方法)また、外国籍の方については永久許可を受けている方であれば借り入れることが可能となっています。借入れのためには運転免許証、健康保険証、パスポートなどの契約を希望している本人であることが確認できる書類が必要で、100万円以上の限度額の借入れを利用する方は源泉徴収票、住民税の決定通知書、納税証明書、確定申告書などの契約者の収入を証明することのできる書類のうちいずれか一つが必要となります。

全国の三菱東京UFJ銀行のATMや提携しているコンビニのATMを使用することで1000円単位から借り入れることができ、夜間や土日であっても手数料0円で利用できます。マイカードプラスは新規のカードを発行する手間を省くことができ、所持しているキャッシュカードに借入れ機能を付けて利用することができます。本人確認のための書類や収入を確認するための書類を必要とすることなく、来店も不要で24時間インターネットを使用することで申し込みが行えます。借入れの利用限度額は30万円までで、金利は年率14.6%となっており、銀行口座が残高が足りていないときに公共料金を自動的に支払ってくれるなど利便性の高いカードローンとなっています。
(⇒東京三菱のカードローンについて詳しく教えて!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.