三菱東京UFJカードローンは年収によって限度額が変更になる?

カードローンの限度額については年収で決まっていると聞きましたが、これは三菱東京UFJカードローンでも同じなのでしょうか?今のところ、借金が100万円を超えているので三菱東京UFJカードローンの利用で一本化などを検討中のため、組換ローンなどを検討中であったりします。

年収というのは属性の1つでしかありません

過去において、年収については年収の半分ほどで借りられる時代もあったので、今でもそのような対応についてはされている業者も存在します。ですが、現代では多数派ではなく少数派に分類されると思っておいてください。というのも、昔は情報などで審査をされる際には独自の裁量を採用していたからです。現代では、特に銀行でマニュアル化が徹底されているので、年収前提の業者は減ってもいます。

次に借金についても重要となってきます。例えば、三菱東京UFJカードローンの場合では銀行でローンを組む形になりますので、通常のカードローンとは違って「総量規制対象外」となっているからです。総量規制対象外の場合には銀行が定めている極度額までで借入が可能となっているのですが、今までに借入実績や返済記録がないという個人の場合には100万円前後でしか借りられません。

今回のようなケースでは、全額を一本化するのに三菱東京UFJカードローンを利用するよりも、50万円前後の返済に役立ててカードローンを三菱東京UFJに移行させるというのが理想となります。また、当然ですが借金については金融事故がない状況が好ましいです。これらの条件を守られている状態であれば、100万円までの組換ローンについても対応は苦しいものとはなりづらいでしょう。

年収に関係なく限度額を決められる三菱東京UFJカードローン

三菱東京UFJカードローンは、三菱東京UFJ銀行が提供している無担保で使い道自由なキャッシングサービスです。利用限度額が500万円までと高額の設定になっていますので、目的別のローンに通らなかった場合にも使いやすく、多くの人が利用しています。
(⇒三菱東京UFJ銀行カードローンの評価はどう?

一般的に、キャッシングやカードローンというのは利用者の年収に応じて融資の額の制限が課せられています。消費者金融系や信販系会社の場合、総量規制といって年収の3分の一以上の融資が受けられませんが、これは複数の業者から借り入れをしている場合、借り入れ元本の合計で判断しますので、一定金額以上の借入れをした後は、どこの金融業者に申込んでも融資が受けられなくなると言うことになります。しかし、銀行系のカードローンはこの総量規制の対象外となっていますので、審査に通れば金額は自由に設定してもらえます。とはいえ、始めのうちは信用がないのでやはり数十万程度からの融資になりますが、きちんと返済を続けていけば、徐々に増枠の申し込みにも積極的に応じてくれるようになります。

また、銀行系のカードローンというのは民間の金融業者に比べて利息が低いのも大きな魅力となっています。三菱東京UFJカードローンの場合、利率は年4.6~14.6%と利息制限法上の金利よりも非常に安い設定となっていますので、長期的に高額の借り入れをするときなども、安心して利用できます。また、借り入れ申し込みをする前に、同行のサイトで返済シミュレーションを行うことができます。借り入れ金額を入力すると、毎月の返済金額が自動で出てきますので、返済を滞りなく続けられるかどうかを確認してからの利用ができ、自由に使うことのできる借り入れに麻痺して債務超過になってしまうリスクを防ぐことができます。申し込みはインターネットで簡単に行えますし、基本的に運転免許証などの本人確認書類があれば手続きができますので、忙しい人でも安心です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.