銀行カードローンの利点はどんな所ですか

キャッシングベスト3

銀行カードローンの利点はここと言うところを教えて下さい

銀行でカードローンを申し込むつもりなのですが、銀行のカードローンの利点はどういう所なのでしょうか。

銀行のカードローンだから一番の利点は安心の低金利

銀行カードローンの利点は何と言っても低金利にあります。貸金業法の改正で利息は大幅に制限され制限ぎりぎりの金利でも顧客の質によってかなりのリスクを背負う消費者金融の金利と品質の良い顧客を集めている銀行のカードローンの金利に差が出るのは仕方のない事です。顧客品質を落としたくない銀行はその分審査が厳しいのですが、審査に通ると銀行カードローンを持っている顧客はそれも一つの信用となるでしょう。(こちらも参考にどうぞ→審査が厳しい銀行のカードローン

今後の取引状況によっては後で受ける各種目的別ローンなどの大きなプラスの信用情報になるのです。これも利点のひとつですね。もちろん、何度も返済借入を繰り返したり、遅延しがちなどの状況があれば、それはマイナスの信用情報となってしまいますが、きちんと返済し、無理のない程度の借入をしている場合は銀行は信用のおける顧客として登録するでしょうから。

銀行によっては通常使用するキャッシュカードとカードローンが一体化していて、キャッシュカードでの借入が出来る所もあります。ATMで普通に銀行のキャッシュカードで借入するのですから、他人にもまったく気付かれずに引き出しが出来、うっかりして公共料金などの引き落し日に入金忘れなどした場合も自動で融資してくれると言う便利なサービスもあるので、そういったサービスも銀行のカードローンならではの利点のひとつですね。

銀行カードローンの利点は限度額と利率

銀行カードローンは申込条件が厳しかったり、あるいは審査が厳しかったりと、いくつかのデメリットはあるのですが、利点も多いために銀行カードローンを利用したいと考える人は多くいます。銀行カードローンの利点の一つが借入限度額です。かつては消費者金融やクレジットカード会社のカードローンを利用した場合でも、借入限度額を大きくすることはできました。しかしながら、現在では規制が厳しくなったために、借入限度額をあまり大きくすることはできなくなりました。必要なだけ借りることができないと感じる人が多いのは、この法律によるものです。

法律が改正されたことによって総量規制が適用されるようになり、この総量規制によって借入限度額は年収の3分の1までと決められました。つまり、年収が420万円の人なら140万円までしか借りることはできません。法律による規制ですから、他の条件とは一切関係なく、140万円までしか借りることができないのです。この総量規制は、消費者金融やクレジットカード会社のカードローンに適用されますが、銀行には適用されません。ですから、銀行カードローンの場合には借入限度額を大きくすることができる場合が多いのです。多く借りる必要のある人にとっては、銀行カードローンは非常の大きな利点があると考えられます。
(⇒総量規制のないカードローンはこちら

もう一つは利率です。カードローンというと借入利率が非常に高いというイメージを持っている人も多いでしょう。消費者金融では、10%を超える高い利率で貸し付けているものも珍しくはありません。しかし、銀行であれば借入利率を低くできる場合が多いです。例えば、4%台で借りることができる場合もあります。借入利率が低ければ、支払う利息の金額を小さくする事もできますから、借り入れとしては非常に有利なものだと言えるでしょう。たくさんの利息を支払いたい人はいないでしょうから、借入利率が低いことは、銀行カードローンの利点としては多くの人に共通したことだと考えられるのです。

【参考ページ】
銀行カードローンにはどんなデメリットがある?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.