銀行カードローンにデメリットはありますか

キャッシングベスト3

銀行カードローンにはどんなデメリットがあるのでしょうか

銀行カードローンは他の金融業者と比べると安心できるような気がしますが、何かデメリットがありますか。

銀行のカードローンは低金利な分審査が厳しい面が確かにある

銀行のカードローンは低金利の上、やはり資金の面でも安心できる所が大きなメリットです。ただ、金利を低く設定する分どうしてもリスクを抑えなくてはいけない為、より良質な顧客を獲得する必要があるのです。そのため銀行のカードローンのデメリットは審査が厳しいと言う事になります。総量規制対象外の銀行なので、専業主婦も申込み可能など、収入に対しての規制はないのですが、属性、信用情報共に厳しく審査されると考えた方が良いでしょう。その為に審査時間がかなりかかってしまうと言う結果になりがちなのです。

即日対応を希望される場合はこの審査時間が長いと言うのもデメリットとなるでしょう。カードローンは銀行であれ消費者金融であれ、持っているといざと言う時の強い味方になってくれるカードです。もちろんメリットもあればデメリットもあります。便利に使える為についつい重ねて借入してしまい、気が付いたら限度枠いっぱいに借り入れしてしまっていた、などと言う事も良くあります。これはカードローンのデメリットの一番大きなものと言えるでしょう。使い過ぎないように、自分をしっかりと律する事も大切です。

それさえ気を付ければいつのまにか借金が増えてまた次のカードを作ってしまうと言う事もなく、カードを上手に使う事も出来るでしょう。無理のない返済計画をたてて、ゆとりのある時には追加返済もして、完済を目指す事も大切です。賢くカードを使って、ゆとりのあるカードライフを楽しんで下さいね。

銀行カードローンデメリットにはどんなものがあるの?

銀行カードローンには多くのメリットもありますが、その反対のデメリットもあります。銀行カードローンを利用する際には、銀行カードローンデメリットについても知っておく必要があります。銀行カードローンデメリットには、次のような代表的なものがあります。消費者金融系では当たり前の即日融資が難しい、審査が厳しい、審査時間が長いというものです。こういった銀行カードローンデメリットは、急いでお金を借りたいと思う人にとっては致命的です。とはいえ、銀行カードローンはデメリットばかりではありません。その反面メリットも多いために、利用する人は少なくないのです。

銀行カードローンのメリットには、金利が安いこと、総量規制の対象外であること、信頼できることなどがあります。銀行カードローンの金利が安いことはよく知られています。この点は、消費者金融系や信販系と比較してみれば一目瞭然です。金利の安さは銀行カードローンの特徴的な長所です。総量規制の対象外であることも銀行カードローンの強みといえます。消費者金融系では総量規制、つまり年収の3分の1までしか貸し付けができない不自由さがありますが、銀行系ではその規制を受けないのです。

さらに、母体が銀行であるということで信頼感があるというのもメリットです。経営母体が安定しているため、ATMの台数が多い等利便性も高く、安心して利用しやすいといえます。もちろん、銀行カードローンデメリットのことも忘れてはいけません。即日融資が難しいことや、審査が通常よりも厳しいこと、審査時間も長いことがあります。収入が安定していて、すぐにでも融資を受けたいと思う人でなければいいのですが、急いでお金を借りたいと思う人にとっては大きなデメリットになります。銀行カードローンの審査が厳しいのは、金利が安いうえに総量規制対象外であるからです。誰もが利用しやすいと感じる分、審査を厳しくしなければなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.