複数カードローンを借換えるデメリットは?

キャッシングベスト3

複数のカードローンをまとめる為の借り換えデメリットはある?

複数社でカードローンの残高があります。このさい一つに纏めたいと考えています。借り換えのデメリットがあれば教えて下さい。

カードローン借り換えの金利が元の金利を下回るとは限らない

複数の会社での借入を一つに纏めて、借り換えると言う事はとても良い事だと思います。数社それぞれに返済するよりも、一社にまとめた方がそれぞれに金利を支払うよりも得になるように思います。ただ、デメリットと言う面で言うのなら、個々の金利とひとつにまとめた場合の金利が必ずしも得になるかどうかは確認してみなくてはわからないと言う点がデメリットと言えるでしょう。3社で3万円ずつ支払っていたものがまとめると月々の支払額は少なくなるのですが、残高に対する金利は返って多くなってしまう可能性があるからです。

おまとめローンの場合カードローンと違って、融資分は返済していくのみで、重ねての借入が出来ない為、確実に返済が出来、返済計画もたて易いですね。これはメリットと言えます。この返済のみと言うのが、ついまたカードローンで借入をしてしまうと言うデメリットに繋がる危険性を持っています。せっかく一本化したのだから、別にまた借入したのでは意味がない所かマイナスになってしまいます。そうならないように充分気を付けて下さいね。

総量規制が施行され、多重債務者は減ってきていますが、返済しては借りると言う状況から返済のみに変える事で完済に近づく喜びも感じる事が出来るのです。金利の面も月々の支払の他随時返済が出来るか確認し、出来るのであれば随時返済も計画に入れながら出来るだけ早く完済できるように目指しましょう。
(⇒総量規制対象外のカードローンはこちら

カードローンに借り換えデメリットってあるの?

カードローンの借り換えは便利です。複数社で借りているローンがひとつになることで、返済もひとつになるからです。おまとめローンという言葉で、最近は通っていますね。また、借り換えの契約は低金利で提供されている企業が多いため、結果として、複数社に支払うより、安く済むこともあります。そんな借り換えですが、デメリットはあるのでしょうか?

先にいってしまうと、当然、メリットばかりではありません。借り換えデメリットとしてはまず、審査の問題です。複数社をまとめてのローンですから、ほかの用途に比べて借りている金額は大きいです。それゆえ、申込先の企業の方では、審査を慎重に行います。企業からしてみれば、ローンを返してくれることが前提ですからね。申し込む以前の問題ですが、断られる可能性の高さは、念頭に置いておいてください。

そして、おまとめローンを組むことができたからといって過信は禁物です。大金のローンを組んでいるという認識をおろそかにし、結果、更にローンを組んでしまうというケースが多いようです。便利な借り換えですが、無事に契約できたからといって、もっと借金を作って良いという理屈はありません。メリットのところで書きました、総額が低くなる可能性も注意してください。あくまで少なくなるのは金利です。元本に変化はありません。金利も、借り換えをどこで申し込んだかによっても、異なってきます。

カードローンは、一旦申込みが成立してしまえば、いつでもどこでも利用できる便利なシステムです。それは返済も同様で、全国のATMなど、時間と場所を選ばずに行うことができます。一番初めに挙げたメリットの豊富さを含め、キャッシングが便利なシステムであることに、変わりはありません。今回挙げたデメリットにしても、2つ目のものに関しては、自分で回避することが可能なものです。返済中であるということを常に忘れないようにしましょう。計画的に意識を持って利用することが大事です。
(⇒カードローンのメリットはデメリットよりも多い?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.