カードローンのデメリットはどんな事ですか

キャッシングベスト3

カードローンを利用する事でどんなデメリットがあるか教えて

カードローンは便利なものだと思います。たしかにメリットはたくさんあるように思いますが、デメリットにはどのような事があるのか教えて下さい。

カードローンにはつい陥ってしまう落とし穴デメリットも一杯!

カードローンを申し込もうと思った時、少し後ろめたい気持ちと共にカードローンを持った為に陥ってしまいがちなデメリットについて考えてしまいますね。サラ金と呼ばれていたころのカードローンのイメージは今では少し違ったものになりましたが、やはり借金すると言う行為に違いはなく、カードで便利に借入出来る分、それに伴うデメリットの部分があるのは当然の事と言えます。

まず一番に挙げられるデメリットは借り過ぎにより、カードの多重債務に追い込まれてしまうと言う事。カードローンは借入返済ともに銀行やコンビニのATMで一年365日、24時間、カードによれば手数料も無料で限度額一杯まで繰り返し簡単に借入出来ます。この簡単さが、まるで自分のお金を引き出していると錯覚してしまう元になってしまうのです。借金する事が当たり前になってしまうと、自分に歯止めが効かなくなり、限度額が一杯になると別のカードを作りまたそのカードも限度額一杯に借り入れる、多重債務者となってしまう可能性もあるのです。

そうならない為には充分な計画を立てて借入をする。むやみにカードでの引き出しをしない事が一番なのです。もちろんカードローンは上手に使えば本当に便利で、いざという時には力を貸してくれる強い味方になってくれるものです。土日など銀行のキャッシュカードでは手数料がかかってしまいますが、カードローンでは手数料がかからない場合もあります。数日だけの借入では金利も手数料よりも少ない事が多いのです。そういう場合カードローンを賢く使う事が出来るはずです。
(⇒よりお得に借りられる無利息カードローン

カードローンのデメリットは使い方によって充分に防げるのです。便利だからとついつい使い過ぎるなどと言うことのないように、そして賢い使い方で上手にカードローンを使用するようにして下さい。

カードローンを利用するデメリットとは

カードローンは非常に便利なものですが、つい使ってしまうと言うデメリットがあります。意志の強い人なら不必要な借り入れをせずに、必要なときにだけ借りることができるでしょう。しかし、人によっては借りることができるだけ借りてしまう人もいるでしょう。

たくさん借りてしまった場合にはどうなるのかを把握しておくと、借りすぎてしまうことを防ぐことができるでしょう。たくさん借りてしまうと返済金額が大きくなります。借りれば借りるほど金額は大きくなると言う点に注意しておかなければなりません。そして、もしも返済ができなくなると高い金利が適用されて、それによって返済金額はさらに大きくなります。返済が遅れたときの金利は遅延金利と言われて、それぞれの金融機関が独自に定めています。大手の消費者金融や銀行でも20%くらいに定められていることが多いです。仮に20%くらいの場合にはどれくらいの利息を支払わなければならないでしょうか。

借入金額が400万円の場合、30日間で発生する利息は6万5千円くらいです。これが利息の金額ですから、6万5千円を支払っても元金は減っていきません。つまり、永遠に6万5千円を払い続けても、払い終わることはありません。6万5千円に元金を加えて返済をしていかなければならないのです。もしもこの利息が支払えなくなると、借入金額はどんどん増えていきます。そして、そのままにしていればどうやっても返済できなくなるでしょう。

カードローンは非常に便利ですから、つい使いすぎてしまうものです。返済ができなくなるくらいまで借りてしまわないように注意しておかなければなりません。借りるときには、すぐ返済ができる金額だけ借りるか、あるいはきちんと計画を立てて借りなければならないのです。大きな金額を借りるときには返済計画をきちんと立てなければなりませんから、実はあまり気軽に借りることはできないというデメリットはあるのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.