カードローンのデメリットについて教えて

キャッシングベスト3

カードローンを使い過ぎるなどデメリットについて教えて下さい

カードローンを作るにあたって、注意しなくてはいけない事やカードローンのデメリットにはどのような事があるのか教えて下さい。

カードローンを申し込むにあたって注意すべき落とし穴の事

カードローンを申し込む時、まず一番に注意すべき事はどのカードローン会社を選ぶかと言う事です。カードローン申込み時の審査が不安、どんな事を調べるのと言う人が多いです。特に問題はないはずと思っていても審査は心配なものです。そんな時、新聞のチラシなどで審査無し、誰にでも融資可能などと言うのを見かけて、審査無しというのなら良いかも、と申し込んでしまう人がいるのです。これは大変危険です。

こういう金融会社はヤミ金融である可能性が強いのです。どんな場合でも必ず審査はあります。審査無しといううたい文句には要注意なのです。初めて申込みをする場合はやはり安全な大手銀行や大手の消費者金融を各ホームページで確認の上申し込むようにしましょう。そうして申込み、カードを作った後にも待ち構えている落とし穴があるのです。それは簡単に借入が出来るが故に、つい重ねて何度も借入をしてしまうと言う落とし穴です。これがカードローンの最大のデメリットで、カードで借入る事に慣れてしまい、借金と自分のお金の区別がつかなくなってしまい、ひどい時には2社3社と借入てしまいいつの間にか返済さえ出来なくなってしまうのです。

貸金業法の改正で総量規制が施行された為に消費者金融では年収に対しての融資額制限がある為、以前のように多重債務の為にどうする事もなくなったという例はいくらか少なくはなりましたが、やはり知らない間に借金体質になってしまう人は後を絶ちません。カードローンのデメリットをメリットのみに変えるには使う人の心掛けが大きく関わってくるのです。まず、カードローンはいざと言う時にのみ使用する。そして借入分は完済してから次の借入をする位の気持ちで使用する事です。

無計画にお金が足りなければ借りれば良いと言う気持ちで借金を重ねない事です。これを忘れなければ、カードローンは本当に便利です。使い方によっては金利もほとんどかからずに急場をしのげる、強い味方になってくれるはずです。メリットデメリットは使う人の心掛け一つである事、せっかくの強い味方をちょっとした油断で落とし穴に落ちて無くしてしまわないように、充分計画的に使用される事をお奨めします。

カードローンデメリットを知っておく

カードローンは、使用目的が限定されないため、お金が必要になった場合に利用することができますが、カードローンデメリットもしっかりと知っておく必要があります。カードローンは、利用枠が残っている場合、その範囲で何度もお金を借りることができるため、長く使っていると自分の預貯金のように思えてしまい、気軽に引き出して使ってしまうこともあるため、なかなか完済することができないローンになってしまいます。

カードローンは、一度融資されたら全額が手元にくるフリーローンとは違い、枠内融資が自由に利用できません。一度融資が実行されたら、全額手元にくるので全額返済しなければ融資を受けることができません。しかし、自由に何度でもお金を引き出せるカードローンは、返済しないと総支払額だけが増えてしまうことがあります。また、カードローンは金利は低くはないので、返済金額が多くなってしまいます。カードローンは、フリーローンとは違い、利用枠内であれば何度もお金を引き出すことができる仕組みになっているので、長期にわたって利用してしまう傾向があります。利用限度額は、10%台の金利が適用される100万円ほどまでが多いのですが、10%台の金利で長期返済し続けることになり、高いローン商品になります。
(⇒利用限度額を増やす時は審査があるのか

でも個人向けのフリーローン商品の中で、上限金額100万円ほどで金利が10%を切るものは、なかなか存在しませんから、カードローンは長期にわたっての利用をしないほうがよいのです。これまでの消費者金融やクレジットカードのキャッシングよりは金利は低くなっていますが、カードローンは低金利と考えてしまうと大きな返済額になってしまうことがあります。目的ローンになると、もっと低金利のローンは多いですが、多目的なフリーローンも目的ローンと同じように金利は低いと考えず、使用したらすぐに返済するということを意識して借りなければ大変なことになってしまうので注意しましょう。

【参考ページ】
審査が厳しいのはカードローン?クレジットカード?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.