開業資金にビジネスローンは適当であるか

キャッシングベスト3

開業にカードローンを利用するメリット・デメリットはあるの?

開業するにあたって借入をすることにしたのですが、公的機関の融資は時間も掛かるし、条件も厳しいですし。銀行は審査が厳しく、新規開業の企業には融資しないと聞きました。

それでビジネスカードローンで借入をしようかと考えているのですが、やはりそれなりにメリットやデメリットがあるのでしょうか?

借入をしようと決めていても、きちんとその辺りを把握してから契約したいので、宜しくお願いします!

公的機関や銀行に比べると確かにメリットやデメリットがあります

どうしても公的機関や銀行と比較すると、金利の面ではビジネスカードローンのほうが高くつくので、デメリットといえるでしょう。また、借入金の限度枠も公的機関や銀行よりも低いためこちらもデメリットとなります。
(⇒銀行カードローンを申込むことのメリットは

しかし、対応は他のどこよりも早いですし、即日融資をしてくれるのは魅力的です。利便性もありますし、担保や保証人が不要なビジネスローンもたくさんあるので、それらに時間を費やす必要ないんですね。

また、総量規制の対象外でもあります。事業資金として開業する場合、必要書類を提出した場合に適用されます。

もし急ぎでないなら、ビジネスローンと公的機関の両方から借入をしていく方法もあります。つまり、借入を併用するのです。違法ではないので、借りる権利はあります。

公的機関の金利は1% 05%とかなり低いので、例え審査が厳しくても申請して審査を受けたほうがいいでしょう。そうすることでビジネスカードローンの借入が少なくても、資金が増やせるので、1度や2度通らない程度で諦めない事です。実際に何度も申込に出向いている人はたくさんいます。

事業を興すための資金となると、個人の借入とは違い、借入金額が大きい分、利息もそれだけ発生します。

ビジネスローンにだけ偏ると、利息の支払いが大きくなってしまうので,できるならば、公的機関や銀行からの借入をメインに、ビジネスローンはその補助をする程度の借入で考えているほうが、長い目でみたときにはずいぶんと楽になります。

事業のための借入は、個人での借入以上に慎重でいなくてはいけません!じっくり考え、時間をかけてでも安い金利で借入ができるようにしましょう。

開業カードローンデメリットについて

開業時にカードローンを利用する方は多いです。カードローンはどのような方でも簡単に借りることができますし、その返済の手間もかからないためです。具体的には申し込み条件には安定した収入が必要と考えられていますが、カードローンの場合にはアルバイトやパートの方でも申し込みを行うことができる場合がありますし、さらに開業準備中という方でもこれからまさに営業を行おうという場合には、安定した収入があると考えられますので、開業する方にも医療することができます。
またカードローンは提携しているコンビニや全国の店舗のATMから利用することができますので、24時間いつでもコンビニがあるなら利用することができて便利です。

しかし開業にカードローンを用いることにはデメリットもあります。開業カードローンデメリットとして考えられることは、まずカードローンは返しにくい傾向にあるということです。カードローンはカードを持っていればATMから利用限度額までは引き出すことができますので、預貯金のようにローンを使っているように感じてしまい、借金であるということを忘れてしまうからです。これではいつまでたっても完済できず、支払いが終わらなくなる原因になります。

またカードローンは低金利というわけではないということです。クレジットカードのキャッシングや昔の消費者金融の金利と比べると非常に低い金利となっていますが、それでもほかの目的別のローンを受けたほうが金利は低いです。たとえば開業準備のための費用であれば、事業資金専用のローンというものを組んでいる銀行もありますので、そちらを利用したほうが金利は低かったりします。そのためカードローンは金利が高いといえるのです。このようなデメリットがあるためカードローンの融資を受けようという方は増すもっと金利が低いものはないかを確かめたうえで融資を受け、使っている最中もこれは借金であるという意識を絶えず持つようにしましょう。
(⇒無利息期間があるカードローンを利用するのもおすすめ

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.