銀行カードローンのデメリットはどんな事か

キャッシングベスト3

銀行カードローンのメリットはデメリットより多いのでしょうか

銀行カードローンは安心できそうですが、やはりデメリットもあるのでしょうね。どんなデメリットがあるか教えて下さい。

銀行のカードローンのデメリットの筆頭は審査が厳しい事

貸金業法改正のあおりを受けて下降気味だったカードローンの人気はここ何年かでまた上昇しているようです。特に銀行のカードローンは銀行という安心感もさることながら、低金利が魅力になっています。メリットの多い銀行のカードローンですがデメリットはないかと言うとやはりデメリットもあるのです。それはまず審査に時間がかかる事、もちろん即日融資可能な銀行カードローンも多くありますが、その場合でも審査内容はかなり厳しいものになっています。

消費者金融のカードローンの審査が甘いと言う訳ではないのですが、消費者金融は不特定多数の顧客を広く集めています。それだけに回収を見込めなくなる顧客をかかえると言うリスクが幾分多くなります。その為に金利も多少高めの設定になっています。同じ金額の融資をしても顧客によって多少金利条件を変えて融資しているのもその為です。銀行はカードローンの顧客をある程度回収の見込みの立つ良質な顧客に絞って融資を行う為にそのリスクは低くなります。その為金利も低めの設定になっているのです。審査も自ずと厳しくなるのも頷けます。

これはデメリットでありメリットでもあるのかもわかりませんが、銀行のカードローンは顧客の属性、勤務先や勤続年数、年収などを重要視します。申し込む前にホームページなどで仮審査を試してみるのも良いでしょう。とは言えあまり恐れる事はありません。銀行の求める条件をクリアしていれば信用情報にマイナスの記載がない場合には大丈夫でしょう。(こちらも参考にしてください→審査に通りやすい銀行カードローン

あとデメリットとしてはカードローン一般的に言える事ですが、簡単に借入が出来る事からつい借り過ぎてしまい、次々にカードに手を出してしまい、気が付いた時には多重債務者になっていたと言う状況に陥りやすいという事です。これはしっかりと計画的に借り入れをする事によって防げるデメリットです。借り過ぎにはくれぐれも気を付けるようにして下さい。

銀行のカードローンのメリットとデメリット

銀行は、消費者金融や信販会社に比べても、信頼性の高い金融機関なので、多くの方が融資を受けています。銀行のカードローンの最大のメリットは、金利が低いので、長期的な借り入れに向いています。多くのメリットがありますが、多少のデメリットもあります。銀行のカードローンのデメリットは、消費者金融や信販会社に比べると審査基準が厳しいため、審査に時間が掛かってしまうことです。貸し金業者は、お金を貸すわけですから、確実に返済してくれる人だけに融資を行っています。安定して継続した収入のある人は、融資を受けることが出来ますが、クレジットカードなどの支払いに遅延などがあると審査にパスできないので注意をするようにして下さい。

自己破産などの債務整理を行った経験のある方は、7年から10年ぐらいは融資が受けられなくなっています。銀行のカードローンは、審査に時間が掛かるので、緊急にお金を用意したい人には、向いていないかもしれません。基本的には、土日は窓口業務を行っていないので、融資を受けるのは月曜日以降になってしまう場合があります。多くのメリットがあるカードローンですが、多少のデメリットもあるので、理解をしておく必要があります。土日に融資を受けたい場合は、平日に審査を受けておくようにして、自動契約機でカードを発行してもらうようにしましょう。

カードを持っておくと、提携銀行やコンビニATMから土日でも、融資が受けられるので大変便利です。安定した収入のある会社員や自営業者の場合は、総量規制の対象外になっているので、まとまったお金を貸してもらうことが出来ます。100万円を超える融資を受ける場合は、給与明細書や徴税証明書などが必要になるので、準備をしておく必要があります。長期的な利用の場合は、消費者金融や信販会社よりもお得になっているので、返済計画も立てやすくなっています。20歳以下の方は、大学生でも融資が受けられないので注意をするようにして下さい。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.