カードの申込みを迷っていますカードローンを組むデメリットは?

一枚ぐらいカードを持っていてもいいかなと思うのですがいざとなるとカードローンの申込みを迷ってしまいます。カードローンを組むデメリットにはどんな事がありますか。

カードローンの思わぬ落とし穴こんなデメリットが

カードローンを申し込むにあたって、誰しもがカードを持つ事のデメリットについて考えると思います。デメリットの一番大きなものはやはり借金をすると言う感覚がないままに、カードを使い過ぎてしまう事。これはATMで365日24時間自由にお金を引き出せるという便利さの裏返しのようなものです。便利だからこそ、ついつい重ねて使ってしまう。まるで自分の預金を引き出すかのような錯覚に陥ってしまう事が原因なのだと思います。あくまでも借金は借金です。借りた物は返す必要があるのです。これを忘れなければ無理な借り入れは出来ないはずです。

その他カードローンのデメリットと言うと、毎月の返済金額が少額設定になっている為、残高に対する利息もばかにならないと言う事です。出来れば月々の返済に加えて、追加返済や早めの完済の為に一括返済なども検討して下さい。もちろん可能な限りで良いのです。少しずつ完済月が近くなるとそれはまた楽しみにもなると思います。

メリットと共にデメリットをしっかりと把握して、対処出来ればきっと充実したカードライフを送れるはずです。くれぐれもカードを使い過ぎる事のないように、計画的な使用を守って下さいね。

【参考ページはこちら】
カードローンを持つことのメリットとは

カードローンを組むデメリットは?罠に落ちない方法を知る

お金がピンチの時に役立つのはカードローンで、いつでもスピーディにATMで借入できるという特徴があります。また、審査は厳しいですがその分、消費者金融と比較して金利が低く、限度額も高く設定されています。さらに、インターネットで手軽に申込みができるというのもメリットです。このように、メリットはいろいろありますが、利用する際にはデメリットもあることを知っておきましょう。

カードローンを組むデメリットは?ということですが、一つ目として、ATMでの借入が簡単なため、計画性なく借りてしまうということです。無計画に借入してしまうと、返済期限に間に合わないということもあり、金融機関から新規に借入できなくなります。その場合、保証会社から保証してもらうことになりますので、せっかく低金利で金融機関から借りても保証会社の金利で借入したこととなんら変わりがありません。ですので、テレビコマーシャルにもありますように、利用の際には計画的に行うことが肝心で、自分のためです。

二つ目のカードローンのデメリットは、金利が低く、限度額が高いため、多く借りればお得なのではないかと勘違いしてしまうことです。例えば、70万円借入すれば十分であるにも関わらず、金利の安さに惑わされて100万円も借りてしまうといったケースです。確かに、金利は低くなりますが、借入額が大きくなることで支払わなければならない金利が増えるため、本当に必要な金額以上はローンを組まないようにしましょう。

また、カードローンを組むと、なかなか完済できないという人が多いです。それはなぜかというと、カードローンの利用枠が残っているとその範囲で再び借りることができるからです。つまり、自分の預金通帳のようにお金を引き出すような感覚で借りてしまうので、これがカードローンの利用者が陥りやすい罠でもあります。自由に何度でも引き出せるカードローンを使っていると、いつまでも完済できずに支払総額だけが大きく膨らんでいきますので、「借金をしていて返さないといけないんだ」と自分に厳しく言い聞かせて、本気で完済していきましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.