銀行カードローンを申し込む事のメリットはどんなことですか

カードローンを申し込むつもりですが、消費者金融よりもやはり銀行のカードローンが安心ですか。銀行カードローンのメリットについて教えて下さい。

銀行のカードローンの最大のメリットは低金利だと言う事

カードローンを申し込む時に問題にしたいのが金利の事です。消費者金融のカードローンも貸金業法の改正で利息の上限が制限された為に以前のような高利設定の会社は無くなりましたが、やはりそれでも銀行のカードローンはそれより低金利です。これは大きなメリットです。その他やはり銀行と言う資金元の大きさは安心につながります。それも銀行でのカードローンのメリットの一つです。銀行によってはキャッシュカードと一体化のカードローンを扱う所もあり、キャッシュカードで借入も出来る便利さと、公共料金などの口座振替分が資金不足で引き落とせない時などは自動で融資すると言うサービスなどがメリットとなっています。

銀行は消費者金融と提携して小口融資のノウハウを学んだり、消費者金融は銀行の傘下に入ったりと金融業界も生き残りをかけています。文章新規顧客獲得の為に様々なキャンペーンを打ち出している銀行もあります。各ホームページで確認して下さい。消費者金融では総量規制の為、年収の3分の1を超える貸し付けはできません。でも銀行は総量規制対象外の為、複数社の借入を一つにまとめる借り換えにも応じる事が出来るのです。そういった事も銀行のカードローンのメリットと言えるでしょう。銀行を選んでも、消費者金融を選んでも、カードの使い過ぎ、借入のし過ぎには充分な注意が必要なのは言うまでもありません。計画的に無理のないカード使用を心掛けて下さい。

【参考ページ】
カードローンのデメリットも参考に

銀行カードローンの主なメリットとは

キャッシングとカードローンの違いと言えば、取り扱いをする業者の違いという事が言えるでしょう。キャッシングは主に消費者金融業者やクレジット会社等で行う事が出来ますが、カードローンは主に銀行や信用金庫等の銀行業務を行っている金融機関で取り扱いをしています。

銀行カードローンのメリットは沢山あると言えますが、その中でも契約限度額の金額が大きいという事はメリットと言えるポイントです。それに加えて利率が低く設定をされているので利息が安いという事で、複数の貸金業者でキャッシングをするよりも1つの銀行で大きな金額をまとめて借りる事が出来る事で、更に低い利率となるので支払う利息を抑える事が可能となります。多くの銀行カードローンでは最高契約額が800万円前後となっていて、最も安い利率は4.0%程となっているようです。

この事から銀行カードローンはおまとめローンに向いていると言えます。借入れの目的については事業資金以外ならば自由となっている銀行も多いので、おまとめローンとして借り換えをする事も可能となります。複数の借金を1つにまとめる事で利率を低くする事が出来るので、安い利息のローンに乗り換える事が出来るようになります。そして借金を1つにする事でローンの返済日も把握がし易くなります。

このような借入れが出来るのも銀行が総量規制の対象外となっているからです。総量規制が施行されてからは、収入の1/3以上の金額を貸金業者でお金を借りる事が出来ないようになった他、収入の無い専業主婦の借入れも実質不可能となりました。また1つの貸金業者に50万円以上お金を借りる場合等は、収入を証明する書類の提出が必要になった事もあり、書類を揃える必要があります。

銀行カードローンでは、一定額までの借入れについては収入を証明する書類の提出が不要となっています。また専業主婦でも銀行カードローンを組む事も可能となっているようです。文章総量規制の対象外となっている銀行のカードローンは自由度の高いローンという事が出来ます。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.