銀行カードローンのリスクとメリットは何?

キャッシングベスト3

銀行カードローンを作る時のリスクとメリットについて教えて

銀行カードローンを申し込むつもりなのですが、カードを作る上で考えられるリスク、またはメリットはどのような事があるか教えて下さい。

カードローンのリスクもメリットも使い方次第です

銀行カードローンの一番のメリットは消費者金融と比べて金利設定が多少低くなっている事です。消費者金融では100万円以内で15%~18%のところ銀行では12%~14.5%が主流となっています。もちろん数字は各社によって多少違ってきますが、やはりこれは大きなメリットですね。それから銀行でのカードローンと言う安心感もメリットです。

ではリスクとなるとどんな事があるのでしょうか。その第一は借り過ぎによるためのリスクです。カードローンは申込みからカード発行、そして借入が簡単に手早く行われます。これは銀行のカードローンも消費者金融のカードローンも同じです。全国の銀行、コンビニのATMでまるで自分の預金を引き出すように出金できる。この手軽さが、つい借金である事を忘れさせてしまうのではないでしょうか。カードの限度額すべてを借りてしまい、返済して枠が空けばまた借り入れる。これを繰り返している内にカードで借入する事が当たり前になってしまう、こういう借金体質を作ってしまうのがカードローンの抱えるリスクです。(こちらも参考に→カードローンを利用することのデメリット

銀行のカードローンは総量規制対象外なので収入の3分の1を超えての融資が可能になります。もちろん審査があるので銀行側もむやみに限度枠を上げる事はしないでしょうが、限度額の引き上げに成功したら、またその限度一杯に借り入れをしてしまう、そういう事の繰り返しとなる危険があります。そういう危険から自分を守るのはやはり自分です。カードローンはそういったリスクも抱えている事をきちんと理解した上で、計画的な借入れをして下さい。

【参考ページはこちら】
カードローンを持つことのメリットとは

銀行カードローンリスクとメリットをもう一度確認しておこう!

皆さんはキャッシングをしたことがありますか?キャッシングというのは消費者金融が主流でしたが、近年においては、銀行でもカードローンという形でキャッシングと同等のサービスが受けられる様になっています。消費者金融との大きな違いは、銀行カードローンの方が、金利が安く設定されているということで、気軽にキャッシングができる便利さには変わりはないのです。ですが、注意しなくてはいけないことは、自分の口座から現金を引き出す様に、手軽に現金を引き出せるため、つい使いすぎてしまうということです。当然ながら使った分は返さなくてはいけないため、使いすぎによって自分の生活が困窮してしまうケースも多く見られます。(こちらも参考になります→銀行カードローンの限度額はどうやって決まる?

それは、消費者金融だろうが銀行カードローンだろうが何ら変わりはなく、同じ事がいえるのです。そこで、銀行カードローンを利用する前に、銀行カードローンリスクとメリットをある程度知っておくことが必要になってきます。賢く利用するための予備知識です。まず、メリットとして挙げられることは、やはり気軽さです。急にお金が必要になる場面というのは、大人になれば誰もが経験することですが、誰にも頼ることなくお金を用意できるというのは、ある意味「信用」にもつながります。しかも、賢く返済を行うことで、毎月の返済をスムーズに行うことができ、金融機関にも信用情報がプラスされていくので、さらに大きな融資を受けることが可能になってくるのです。事業をする場合は特に、銀行との友好な関係を続けていくことが大事だとされています。

では、銀行カードローンのリスクは何でしょうか?それは、借りすぎによって返済が困難になる場合もあるということです。一度でも返済が滞ってしまうと、信用情報に傷がついてしまいます。この信用を取り戻すのは難しく、約束が破られた事実によって、今後の融資の幅を、検討してもらうことが難しくなっていくでしょう。カードローンの枠があっても、自分の返済能力を見極め、常に返済をシミュレーションしていく事が大切です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.