銀行のカードローンは利息が低いと聞いた

キャッシングベスト3

銀行のカードローンはキャッシングよりも利息が低いと聞きました

けっこう前の話ではありますが、キャッシングを利用していたことがあります。

また利用する可能性があるかもと思って、借入を完済したあとも解約手続きをしないで、カードをそのままにしています。そのことを知人に話したら「銀行のカードローンのほうが利息が低い」といっていました。やっぱりそうなんですか?

今後利用するなら,キャッシングは解約して、銀行のカードローンに切り替えるべきでしょうか?

基本的に消費者金融のキャッシングよりも銀行は利息は低いです

カードローンに限らず、さまざまな貸付において、銀行というのは他の賃金業者よりも利息は低くなります。

ですから、もしも銀行のカードローンの審査に通ることができるなら、銀行からの借入のほうが返済はラクです。

しかし、審査は一般的な賃金業者よりも細かく厳密に行われるので、場合によっては、消費者金融などよりも借入できるお金の限度額が低くなることも…。

なので、借入する金額が必ず●●万円以上というふうに思っていても、なかなか思った金額で借入することができなかったりもします。

まあ、比較したときにはどうしてもメリット・デメリットというのが出てくるのは仕方がないことですが。

利息を下げたいから、多少借入額を妥協してでも銀行のカードローンを選ぶか。借入額は譲れないから、多少利息が高くても多めに借りられるところを選ぶかも、どっちが自分にとって得策なのかを考えて利用する必要がありますね。

両方持っていて、状況次第で使い分けするのも便利な利用法のひとつでしょうね。

銀行カードローンの利息は非常に小さい

銀行カードローンの利息は非常に小さくなっています。そもそも、カードローンのような一般の消費者に対して向けられたサービスというのは、消費者が利用しやすいように低金利に設定していることがほとんどなのです。そのため、お金を借りるときであっても必要以上に消費者の負担になるようなことが絶対にありません。安心してお金を借りることができるわけです。

そもそも、利息というのはいったい何なのでしょうか。利息というのは、簡単に言うと金融機関の利益となるお金です。金融機関は、消費者に対してお金を貸すときに元金に対して付加価値である金利というものを設定します。金利というのは、1年間において元金に対して付加される価値のことを言いますので、基本的に金利が設定されていないと金融機関の融資による利益はないことになるわけです。

例えば、カードローンでは100万円のお金を借りたときに10%の金利が付けられた場合には、年間で合計110万円のお金を返済しなくてはいけないようになります。そして、元金である100万円というお金に付加されたこの10万円という価値が金利の価値になり、また金融機関の利益となるわけです。そして、利息はこの金利の付加価値を月間の価値に換算したもののことを言うわけです。
(⇒カードローン利息の単利とか複利って何?

このように、銀行が金利を設定するということは自身の会社の利益を得るために必ず必要になることなのですが、必要以上に金利を高く設定してしまうと、今度はそのお金を返済する消費者の負担が大きくなってしまいます。そこで、法律によって一定以上の金利を設定することができないように最初からその範囲を限定的にしたわけです。こうしたカードローンに対する金利の制限は、利息制限法という法律によって明確に記されており、これによって低金利でお金を借りることができるようになっているわけです。銀行のカードローンは融資のサービスの中でも最も金利が低い部類に入りますので、多くの人からの人気を集めています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.