カードローンの延滞利息ってどのくらいになるんですか?

カードローンでもしも延滞した場合って、利息が高くなるんでしたっけ?

そうだとしたら、どのくらいの設定で計算されるんですか?借入先によって大きな差があったりもするんしょうか?

実は先月分を延滞しちゃって、もうしばらくしてからじゃないと支払いができないので…正直利息が怖いです。

延滞利息は基本的に制限利率の1.46倍までが上限です

返済が遅れてしまったために課せられる利息は、遅延損害金という形になります。返済期日を守る義務を怠った、いわゆる【債務不履行】ということなのです。

本来回収されるべき日に回収できなかったため、損害を受けたとされた場合に発生します。もしこの遅延損害金の設定がない場合に限り、制限利率と同率での回収となります。まあ、大抵の会社は遅延損害金はしっかりと設定していますが。

実際の損害を計算して出すのは非常に難しいため、予め債務不履行が発生した場合には契約時に取り交わした内容に含まれている利率で回収しますという約束を、実は契約の時点でしているんです。

設定されている場合ですが、基本的に制限利率の1.46倍までの掛け率で回収することが利息制限法によって認められています。

なので、利率は以下のようになります。

借入金額10万円以下の場合:20%×1.46=29.2%

借入金額10万円以上100万円以下の場合:18%×1.46=26.28%

借入金額100万円以上:15%×1.46=21.9%

大抵の会社はこの内容で遅延損害金の設定をしてます。

けっこうな利率なので、できるだけ遅延や延滞は避けたほうがいいですね。

【参考ページ】
基本的なカードローン利息計算方法はこちら

カードローンの延滞利息について

キャッシングカードローンは、支払期日に支払いをできずにそのまま返済できずにいると、遅れ扱いとなります。支払期日から融資はストップします。融資がストップするのは、融資余裕額から返済の資金にあてることができないようにするためです。(こちらも参考に→カードローンは制限されることもあるの?)借りて返すことができません。そのまま支払わずに放置し続けると日に日に利息の金額だけが膨らんでいき、はやく返済をしないと支払金額がおおきくなっていってしまいます。あまりにも延滞している日数が長くなってしまうと延滞利息がつくことになります。

遅延損害金といって通常の契約書上の実質年率ではなく延滞利率が適用されてしまいます。消費者金融系のカードローンであれば、20%の高金利がかかってしいまいます。ですが、貸金業法には上限金利が厳しく定められています。利用限度額に応じて15%から20%とされています。そのため100万円以上でカードローンの限度額を契約されているかたは上限金利が15%となります。そうなると、延滞したときの遅延損害金は違法ではないかとなりますが、これは貸金業法の適用される範囲ではなく民法上の損害賠償にあたります。

カードローン会社にとって貸したお金が返ってこないのは困ります。貸したお金を回収するために督促行為が行われます。督促は、まず電話で行いますので電話代がかかります。電話で連絡がつかなければ督促状を郵送することになりますので郵送代がかかります。もしかして転居をされて借金を逃れようとしている可能性もあるため住民票を役所に請求します。その手数料もかかります。現在は訪問回収を行う会社はほとんどありませんが、特段な事情があるときは訪問もあります。その交通費やこれらすべての督促行為を行うために人件費もかかります。一人が返済が遅れているためにこれだけの回収費用がかかりますので、損害を被ってしまうことになります。そのための遅延損害金として通常の金利ではなく高金利がかかるのです。
(⇒返済遅延ハガキが来た時も利息は高くなるのか

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.