カードローンは利息以外に必要経費はある?

キャッシングベスト3

カードローンの必要経費って、利息以外にもあるの?

近いうち、カードローンにお世話になるかもしれないんですけど…なんだか少し気になって。

カードローンを組むと利息が発生するのは当然ですが、それ以外にもカードローンを組む際に必要な経費とかってあるんでしょうか?年会費とかっていうのもあるんでしょうか?

利用開始後からも、どんなときに利息以外の料金が発生するのかも教えてもらえればありがたいのですが…。

カードローンの申込時に必要経費などは一切ありません

カードローンを申し込むときは、身分証明になるものなどの提出書類はありますが、基本的にカードローンを組むために用意するお金は必要ありません。

実際に利用して借入している場合も同様です。

ちなみに、借入先によっては返済時の振込手数料が別途必要だったり、時間外利用の手数料があったりすることもありますが、これらの手数料は一切無料としているところがほとんどです。(こちらも参考に!→カードローンの無利息期間をチェック

またカードローンのカードを所持するために年会費がかかるということもありません。更新もよほどのことがない限りは自動更新されて、利用可能な年齢になるまで、解約手続きしない限りはずっと同じように自動更新となります。

なので、自分がよく利用するのがどのような時間帯になるとか、そういったこともイメージしたりシミュレーションしておくほうがいいですよ。

カードローンを申し込むことを考えているということなので、利用時の手数料や返済手続きによる手数料がどうなのか、これらも含めて検討材料にすることができます。

利息や手数料を踏まえて借入することで、カードローンをより有効的に使うことができますので、利息の計算や自信の利用の仕方をイメージしながら、どこに申し込むかを決めるといいでしょう。

カードローンの利息は必要経費です

カードローンを組むことは今では非常に簡単に行えます。消費者金融は昔から審査が簡単ですがその代わりに金利が高く取り立てが厳しいことに定評がありましたが、それも2010年の貸金業法の改正によって消費者金融は顧客の制限がなされましたし融資額も制限されることになりましたので、貸金業法で利益を生むのは非常に難しくなりました。これは銀行には及びませんが銀行についても顧客を奪う競争が激化することによって、貸金業で利益を生むことは難しくなってきましたので、サービスの向上と審査を簡単にすることでほかの会社から自分のところで融資を受けてもらうように、金融業者はそれぞれ尽力しているのです。
(⇒審査がゆるいカードローンはあるの?

カードローンを簡単に組めるとしても個人事業主であれば組む前にしっかりと考えておかなければならないことがあります。一つは税金のことです。カードローンで融資を受けることは利用できるお金が増えることになりますがそれは貸してもらえるとしても他人のお金ですので、完全に自分のものとして扱うことにはなりません。そのためこの貸金については税金の対象にはなりません。また忘れてはならないのが、利息というものはこの貸金を利用することに対する業者に支払う対価という性質を有していますので、これは必要経費として税金の対象から控除してもらう必要があります。これを忘れると無駄に税金を支払ってしまいますので注意しましょう。

さらにもうひとつ気を付けるべきことは収入証明書の不要なカードローン業者を選ぶべきことです。個人事業主にとっての収入証明書は、確定申告通知書というものですが、これを申し込むことができるのはい知念のうちで2月から3月の間だけですし、税務署から発行されるものですからどうしても時間がかかりますので、融資を受け鵜rの似合わせて都合よく請求できるものではないのです。そのため非常に面倒なものなので、前の年のものを保管しておくか、不要の業者を選びましょう。

【参考ページはこちら】
カードローン会社を選ぶ条件とそのメリット

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.