法人カードで福利厚生を充実させられるのか

キャッシングベスト3

法人カードローンで福利厚生を充実させる方法があると聞きました

少し調べたのですが、法人カードによってはそのカードのローンを利用することによって特典が受けられることもあるというような内容を知りました。これは本当なんでしょうか?

はい。確かにそのようなシステムがある法人カードはあります

質問者さまは会社を経営なさっているのでしょうか?それともこれからなのでしょうか?

会社経営において、社会保険は費用を会社が半分を負担すると決まっているので、予算を削ることはできませんよね。

一方、福利厚生の場合はそのような決まりがないので、会社によっては非常に大切にするし、反対にできるだけ削減の対象にして予算を減らす方向性になっている会社もあります。

会社の規模や資産などにもよるのでしょうが、福利厚生を大切にする会社は、人を《貴重な人材=貴重な資産》として捉えている、従業員を大切にしている会社と考えられます。

この福利厚生は従業員が仕事をしやすくさせるために設ける費用ということになりますが、いろいろな方法で充実させることはできます。

その中のひとつの方法が、法人カードの利用です。いわゆる、《ビジネスカード》というものですね。法人代表者向けのカードローンで、さまざまな賃金業者が用意しています。

その法人カードでローンを利用する場合に、その特典が受けることができます。内容としては、その法人カードのカード会社が提供している、福利厚生の施設を割安で利用することができるようなります。

それぞれでどんなプランが用意されているかが異なりますから、比較して、自社向きの内容を探して申し込むのがいいですね。

【参考ページはこちら】
知っておくべきカードローンのメリット・デメリット

カードローンの福利について

カードローンに限らないのですが、金利の計算には単利と福利の二通りの計算方法がありますのでしっかりとチェックしておきましょう。カードローンを活用する際も、単年単位でお金を借りるなら単利でも福利でも同じ計算になりますが、2年目以降も借り入れを行う場合には福利の計算方法も熟知しておかなければなりません。基本的に複数年での融資を申し込む場合は、複利計算になると返済金額が大きくなるとお考え下さい。これは年数が経てば経つほど金利は膨らんでくるということです。カードローンを活用する際に重要となってくるのが返済計画をしっかりと作成することです。
(⇒カードローンの簡単な利息計算方法はこちら

福利の場合はいくら返済しなければいけないかも、しっかりと把握しておく必要があります。カードローンを利用したことがない方は、少し怖いイメージがある方もいるかもしれませんが、融資時にしっかりとした返済計画を作っておけば不安を抱くことはないはずです。今現在では、消費者金融でも主婦の方やパート・アルバイトの方でも融資の申し込みができる金融機関も多いです。なので安易に借りるのではなく返済計画を立てておくことが、なによりも重要なのです。福利の計算では5年後10年後、いったいいくら返済していく必要があるのかを把握しておきましょう。

実際には毎月返済していくことになります。金利の膨らみに対してどんな返済をしなければいけないのかを考えておきましょう。金利の計算で注意が必要なのは、年利なのか月利なのか日利なのかもしっかりチェックしておきましょう。大手の金融機関ではありえない話ですが、小さな消費者金融では金利1%となっていても、年利ではなく日利だったなんてことも少なくありません。安易に安い金利だからと手をだすのではなく、しっかりチェックする必要があります。(こちらも参考に!→文章上限金利が低いカードローンはお得?)そんなことで騙されないよって感じる方も多いと思いますが、現実に今でもこのようなことが起こっていますので、消費者金融は信頼できる金融会社を選ぶことが必要です。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.