利息の支払いは個人信用情報に影響する?

キャッシングベスト3

カードローンの利息の支払いが遅れたらどうなるのか教えて下さい

まとまった額のお金が必要で、今、カードローンを検討しています。

いまいち知識にかけていて、不安なことはいろいろありますが…借入するにあたって返済に関することがけっこう気になります。

特に返済期日に遅れる場合、利息だけを先に払ってしまうのがいいと聞いたのですが、もしも支払わないで利息も一緒に延滞した場合って、利息だけでも支払いをしたときと違いはあるんでしょうか?

期日までに利息だけでも返済したかどうかはかなり重要です

借入した以上は、しっかりと返済期日までに指定の金額を振り込む義務があります。

でもね。世の中、どんなことがいきなり起きるかわかりません。急に大きな出費があって、返済期日までに支払金が用意できない。

そんなときは、利息だけでも支払いができるよう、すぐにでも窓口に連絡をして対処してもらうべきです。

なぜかというと、この対処をやったかやらなかったかで、個人信用情報にも関わってくるからです。

利息だけでも支払う手続きをした場合は、利息を払うことで支払いの意思を見せるのと同時に、支払い期限の延長をしてもらえる状況になります。

結果、個人信用情報には返済事故としての記録は発生しません。

ところが。

利息の支払いすら行わなかった場合、たとえ返済が遅れるという連絡をしたとしても、返済事故が発生したとして、個人信用情報に延滞の記録を残してしまうことになります。

利息すら支払いをしていないため、支払いの意思表示が具体的でないことと、そのことによって借入先が回収できなかった事実ができるため、実際には損害を与えているためです。

ですから、同じ遅延や滞納をするのでも、利息だけはきちんと返済期日までに支払いを済ませることができるようにしましょう。

【参考ページ】
カードローンで借りる時の重要な利息計算方法はこちら

カードローン利息が遅れたらどうリカバーしたらベストなのか

カードローン利息が遅れたら、即支払いに向かうのが正解です。カードローン利息が遅れたら、遅延損害金を支払う事になります。銀行や消費者金融の収益は利息のみではなく、この遅延損害金も含まれています。遅延損害金の意味とは、期日に返済する契約を守れなかった事による損害に対して支払う賠償金です。損害賠償金の文字を見ると、何やら大袈裟なとお考えの方もおられるでしょう。しかし、カードローン契約の際、契約書に返済日と返済額を支払う事に同意しています。ですから遅延損害金も支払う事となります。

遅延損害金の利率は小さくない為、カードローンを利用の際には返済方法を確認しておきましょう。そもそも自動引き落としにしておけば、返済が滞る事はなく、遅延損害金は発生しません。口座にお金が入っていない事も考えられます。しかし、別のネットバンクの口座を開設し、ある程度の金額を入金しておけば、簡単に対処可能です。自宅で、簡単に支払える環境を作るのは難しくはありません。カードローンの返済に対応しているCDやATMの場所を確認しておきましょう。口座にお金がない時、すぐに返済できます。忙しい方であれば通勤の途中で返済を済ませる事ができて便利です。

銀行や消費者金融は、このようにカードローンの返済に対し、多くの返済方法を提供してくれています。返済方法を理解、確認しておけば遅延損害金は発生せず、カードローンの利便性のみを享受する事は可能です。(こちらも参考になりますよ→延滞したらどのくらい利息を払うの?)カードローンの返済方法を理解する事は、特別難しい作業ではなく誰にでも出来ます。現在はインターネットがあります。自宅で金融機関のウェブサイトにアクセスして返済方法を詳しく知る事も可能なはずです。シンプルに考えましょう。カードローン利息が遅れたらすぐに返済が正解ですが、そうならないよう気をつける事は更によい回答です。カードローンは便利です。返済遅れで利用できなくなるのは勿体ない為、事前に返済方法を確認しておきましょう。
(⇒カードローン会社を選ぶ条件とそのメリット

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.