カードローンを組むのに利息計算方法は重要ですか?

初めてなんですが、カードローンを組もうかなと考えてます。そしたら人に「利息計算もちゃんとやりなよ」っていわれました。

利息計算ってどうやって出したらいいのかわからないから聞いてみたら、「利息計算法」っていうのをネットとかですぐ調べられるって言っていたんですが、なんだか面倒くさそうだな0って。

利息の計算って、そんなに重要なものなんですか?

利息計算は借入を考えるなら当然やるべきです!

利息は借入したお金を返済していく上でとても重要なことです。これを面倒だと思ってやらないでいると、結果的に返済額が思ったよりも大きくなったり、返済そのものが苦しいものになってしまいます。

しかも、カードローンやキャッシングを利用する際に必要となる利息計算法は、とてもシンプルな計算法ですから、この算出式を調べれば、あとは電卓でもあれば自分で簡単に算出することができます。

ちなみ、利息を算出する利息計算法は以下の通りです。

利息=利用残高×実質年率÷365日×利用日数

コレに実際に数字を充てて計算すればいいのです。ね、簡単でしょ。

もしも50万円を年利18%で実際に数字を当てはめてみましょう。利用日数は30日としますね。

50万円×18%÷365日×30日=7,397.260…

となりますので、約7,397円が利息ということになるわけです。

借入というのは、単純に借りた50万円を返済したらいいわけじゃないんです。

向こうだってビジネスとしてお金を貸し出すんですから、戻ってくるときにはそれなりの利益を出さなくちゃIKEA員です。

借りたお金に上乗せした金額を支払わなくてはいけないのですから、借入するときにきちんと考えていないととんでもないことになりますよ。

「やっぱりカードローンって怖いんだ…」って思いました?

いえいえ、そんなことはありません。きちんと理解して、計画的に利用すれば、緊急時などには非常に心強いものです。要するに、利用する人次第なのです。

借入するときに、必要な金額はどのくらいか、その場合の利息はどのくらいになるのか…そういうことを事前にシミュレーションしてから申し込みにいくのがベストです。

そういったことから、利息計算法を知って活用することは非常に有効であり、重要だと考えていいでしょう。面倒だからって適当にやってると、あとで返済苦になっちゃいますよ!

利息計算式にさまざまな金額や年利を当てはめて比較してみると、どれだけ利息に差が出てくるかもわかるので、練習する気持ちで、まずは試しにやってみて下さい。

カードローンの利息計算方法は一律でわかりやすい

カードローンの利息計算方法は一律になっていますので、非常にわかりやすいと言えます。カードローンに限らずキャッシングのような個人の消費者との関連性の大きな融資のサービスでは、法律的な保障が極めて手厚く整備されているのです。これは利息に関する法律であっても例外ではなく、非常に単純な計算方法で利息を算出することが出来るようになっています。

少額融資のサービスに関しては、利息制限法と言う法律によって上限金利が決められています。利息制限法の特徴は二つあります。まず一つ目が、融資の際に表記される年率を実質年率にしなくてはいけないということなのです。実質年率と言うのは、保証金などの付加価値を全て含めた利息の表記のことをいい、後で金融機関が勝手に利息を上乗せしないようにするための表記だと言えます。

そもそも、カードローンでは保証人や担保を準備する必要がありません。これはどこの会社であっても同じだと言えます。お金を借りるときには自身の身分を証明するためのものを用意して融資の基準を満たせば即日でお金を借りることも出来ますので、それに関して保証人などの担保を用意するする必要がないのです。全て自身の責任でお金を借りることが出来るようになっています。

その影響もあって、利息の表記は実質年率になっているわけです。実質年率の表記で表示させるようにすれば、そもそも保証金などの担保が必要のないカードローンでは絶対に後から付加価値的に元金に対してお金をプラスすることが出来なくなります。こうすることで法律的に安全性を担保し、利息の計算を簡単にしているのです。

そして、もう一つ大切なことが利息制限法では融資の金額によって上限金利が異なっていると言うことです。融資の金額が異なれば上限となる金利の範囲も異なるようになっていますので、消費者同士で不公平な融資の関係になることがありません。カードローンでは利息制限法によって公平な融資が出来るようになっているわけです。
(⇒もし利息の支払いが遅れたらどうなるの?

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.