無利息キャンペーンの利用で気をつけること

キャッシングベスト3

カードローン無利子のところの利用で気をつけることってある?

カードローンを申込にいこうと思っています。

利用したことのある友達に聞いてみたら「無利息期間があるところが得だ」といっていたので、無利息キャンペーンの実施しているところで借入をしようと思ってるんですが。

タダより怖いものはないっていうくらいだし、この場合って何かとても気をつけなきゃいけないようなことでもあるんでしょうかね?

友人も詳しくは説明できなさそうな感じだったので…教えてもらえますか?

無利息期間の開始日や無利息の上限金額を知っておきましょう

気をつけるといっても、特に怖いことはありませんよ。

ただ、無利息キャンペーンの場合、期間を勘違いする人も結構います。

この無利息期間は、《契約をした翌日から●●日間》というのが普通です。しかし、《実際に借入をした日翌日から●●日間》と思っている人もいるんです。

なので、無利息期間を上手に利用したいのなら、契約後すぐに利用する場合がお得なのです。

「何かあったときのために、とりあえずカードローンを契約しておきたい」という人には、あまり意味がないことなんです。

また「●万円までは●●●日間は無利息」とか「●●日間は借入金額に対して完全無利息」とか、いろいろと設定があるんです。

なので、勘違いしてたりすると「なんで利息が発生してるの?」なんてことにも。

契約時には多少しつこいののではと思っても、わからないことはしっかりと確認しておきましょう。オペレーターさんはそのためにいるのです!

せっかくお得なキャンペーンを利用しているのであれば、しっかりと理解して、無駄なく特典を活用しましょう。

カードローン無利子で借りることが出来る

カードローン無利子でお金を借りることが出来ます。カードローンと言うのは、少額融資のサービスのことを言いますので、一般の個人消費者に対して融資をしてくれるサービスのことを言います。一般の消費者に対して融資を行うサービスはカードローンとキャッシングしかありませんので、これらのサービスは非常に重宝されているのです。特に、低金利で利用することが出来るサービスとして人気を集めています。
(⇒無利子のカードローンを探している方はこちら

では、なぜカードローンでは低金利で融資のサービスを利用することが出来るのでしょうか。それは、カードローンに適用される利息に関する法律が一定以上の上限を設定することを許容していないからなのです。カードローンでは、利息制限法と言う法律によって上限金利が厳しく制限されていますので、消費者が利用するときには必ず利用しやすいような金利に設定されることになっているのです。

利息制限法では、融資の金額に則ってそれぞれ金利の上限が決まっています。例えば、1万円の融資ならば20%の上限金利を設定することが出来るのですが、100万円以上の融資だと15%が上限でそれ以上の金利を金融機関は設定することは出来ません。仮にこの決まりを破って必要以上に金利を設定してしまうと、その会社は行政処分の対象として監視されることになるのです。

このように、この法律は消費者にとって非常に有利な法律であると言えます。実は、無利子でお金を貸してくれる根拠もこの法律にあるのです。利息制限法では上限金利は設定していますが、下限に関しては何の制限も存在しません。つまり、どれくらい小さな金利であってもそれはその会社の自由になっているわけです。会社の裁量次第によっていくらでも変わります。カードローンのような少額融資では、必ず消費者が安全にお金を借りることが出来るように配慮がされた法律が整備されています。どのようなサービスであっても非常に利用しやすいサービスを提供してくれますので、無利子のカードローンもその一部なのです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.