カードローンのリボを一括払いしても利息は変わらないって本当?

カードローンの返済の途中なんですが、臨時収入でまとまったお金が入ったので、一括で返済しようかと考えてました。

ところが、そのことを知り合いの人に話すと「リボ払い?だったら一括だろうが分割だろうが利息は一緒だよ」っていわれました。

普通はまとめて支払えば、その分の利息が減るんじゃないかって思うんですけど…これってどうなんですか?教えて下さい!

一括返済を利用すれば、利息は間違いなく少なく出来ますよ

最近はほとんどリボルビングが採用されていますからね。

さて、金利が少なくなるかならないかということですが…リボ払いの場合、返済金額は一定なので、返済計画が立てやすいのですが、借入してる金額に対して毎月利息が発生する形になっています。

ですから、新たに借入をせずに返済だけしていれば問題ないのですが、毎月の返済額以上の借入をした場合、借入額が大きくなるので、完済が遠くなり、結果として元金にたいして発生する利息が増えていきます。

こうなった場合、完済するまでが気が遠くなりそうですが、一括返済を利用することで利息を減らすことはできます。

どういうことかというと、カードローンの返済にはリボ払いともうひとつ、一括返済というのがあります。

完済するというわけではないのですが、返済日に関係なく一時的に返済額を増額して支払うことで、それ以降の支払いを少なくする方法です。

これを利用すれば確実に元金が少なくなるので,結果として元金に対して発生する利息も少なくなるというわけです。

なので、どちらもまったく一緒というのはちょっと違いますね。

少しでも早く、支払額を少なく完済したいのなら、新しい借入はせずに、臨時収入などが入ったときにはできるだけ、臨時返済に充ててしまいましょう。そうすることで、利息を減らすことはできますよ。

カードローンはリボ払いだけど、一括払い利息はどうなるの?

カードローンは、利用可能額の範囲内ならいくら借りても、何度借りてもOKという便利なローンです。(こちらもご参考に→カードローン利用可能額引き上げ方法)利息の計算方法は、ほとんどの場合「残高スライド元利定額リボルビング方式」です。借入残高に応じて返済額が変動し、利息もそれに合わせて計算されます。たとえば、借入残高が5万円未満であれば毎月5千円、5万円以上10万円未満であれば毎月1万円というように、残高に比例して返済額が増えていく方式です。

その他にも、残高に関わらず自分で返済額を設定できる方式もありますし、返済額の中に利息が含まれる場合と、利息が別途加算される場合など、方式によって細かい違いがあります。いずれにしてもリボ払いで返済していくのは一緒ですので、利息が増えすぎないよう自分で返済額をコントロールする必要があります。たとえば、経済的に余裕が出来たら繰上返済する、一度で返済できるようなら一括返済するなど、お金が用意できたらどんどん返済していくことをおすすめします。その場合、一括払い利息がどうなるかというと、通常のリボ払い同様、残高に対して利息がかかります。

今までは1万円ずつ返していたけど、10万円まとめて返したいという時は、10万円に対して金利がかかるだけです。10万円まとめて返済するので、その分利息を大きく感じるかもしれませんが、1万円を10回に分けて返済するより、1度に10万円支払った方が利息が少なくて済みます。なぜなら、1万円を支払っている時も利息は残高に対してかかっているので、10万円の利息を払う必要があるからです。返済額の中に利息が含まれている場合は、ほとんど利息で持っていかれます。少額ずつ支払うことができるので、初めは「返済が楽」と感じますが、しばらく経ってから利用状況を見返した時に、「全然元金が減っていない」と驚く方も多いです。そのような失敗をしないよう、カードローンはお金が出来た時にまとめて支払うというのがポイントです。
(⇒利息の支払いが遅れたらどうなる?

【参考ページ】
カードローンのいい所と悪い所

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.