妻のカードローンがある銀行で主人が借入

キャッシングベスト3

主人が借り入れする銀行で妻がカードローンがある場合は?

主人が地元の銀行に住宅ローンの審査を申し込みました。そして仮審査は通ったのですが、本審査には時間がかかるし、落ちることも多いと聞くので、結果が出るまで落ち着きません。気になっているのが、妻である私がその銀行でカードローンを借りていることです。それを調べられて、そのことが原因で落ちるということがあるでしょうか? カードローンがあると審査に落ちると聞いたので、心配です。

ローン審査で家族の情報が勝手に調べられることはありません

奥様は連帯保証人や連帯債務者になっているのでしょうか? そうでもなければ、勝手に調べられるということはありませんから、審査には影響しないと思いますよ。金融の信用情報を調べるには、本人の同意書と捺印が必要です。そういったものを提出されているとしたら、調べられるかもしれませんね。文面ではわかりませんが、カードローンはご主人に内緒なのでしょうか? もし「銀行がそれに気づいてご主人に伝えること」を心配されているなら、そういったこともないと思います。

カードローンがあると審査に通らないと言われますね。でもそれは、消費者金融や信販会社のキャッシングの場合です。銀行のカードローンでしたら、借りていること自体が問題視されることはあまりないでしょう。それもローンを申し込んだ本人のもので、配偶者や家族のものは関係ないはずです。もし審査に落ちたとしたら、別の原因が潜んでいるのかもしれません。ご主人自身は何か支払いを滞納したことがありませんか? なければその銀行とは縁がなかっただけです。めげずに別の銀行に申し込みましょう。

【参考ページ】
カードローンを持っているとローン審査が厳しい?

主人が借り入れする銀行で妻がカードローンがある場合、それが問題となるか?

主人が借り入れする銀行で妻がカードローンがある場合、それが審査に影響するのではないかと心配する人も多い事でしょう。特にご主人に内緒でカードローンを利用していた場合など、正直なところ妻からすればドキドキするのではないでしょうか?さて、実際のところ主人が借り入れする銀行で妻がカードローンがある場合、それが理由で審査に通らなくなる場合もあるのでしょうか。まず、この場合二つのケースが考えられます。

借入するのが「ご主人だけ」の場合です。この場合、銀行では基本的に貸し付けをおこなうご主人の信用情報などを調べるだけにとどまりますので、妻のカードローンが審査に影響することはまずないと考えて大丈夫です。これがご主人のご両親にカードローンがある場合でも同じです。本人名義以外の、他の家族のものであればそれが問題となることはありません。

ただもう一つの場合、「借入の連帯保証などに妻がなる場合」はこの例外となります。例えば住宅ローンを組む際に、妻も働いており、共同名義になる場合があるかと思います。こういった場合、妻本人の信用情報も調べますので、ある程度影響することが考えられます。よく「主人が実家の住宅ローンの共同名義人になっているので、実際には両親が全額支払っているのに自分のローンがくめない」というような話をきくことがありますが、基本的にこれと同様のケースといえるのです。

つまり、共同債務者にならない限り、妻のカードローンが表面に浮き上がることはありません。もしご主人がなんらかの理由で借り入れを予定していて、そこと同じ銀行のカードローンを妻が利用したとしても、それがご主人の耳にはいることはないでしょう。こう考えると、「生活費が実は足りていない」「実家のご両親のために内緒でいくらか都合したい」というように考えていたとしても、それを断念する理由にはならないですみます。賢くカードローンを利用していきましょう。(こちらも参考にどうぞ→カードローンを申込むことのメリット

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.