旦那がカードローンを借りていないか調べたい

先日、友人に悩みを打ち明けられました。旦那さんが隠れて借金をしており、それを問い詰めたところ開き直られた、というものです。話を聞くほど、うちの旦那にも思い当たる節があるような気がして、落ち着かなくなっています。旦那がカードローンを借りていないかどうか、調べるよい方法がないでしょうか?

借金の有無や金額は本人しか知りえません

借金は個人情報ですから、妻といえど他人が調べるのは難しいかと思います。あとはもう本人に聞くことですね。何をもってして怪しいと感じられているのか知りませんが、今度そのような場面に出くわしたら、突っ込んで聞いてみてはいかがですか? もし本当に隠しているのだとしたら、突っ込まれることで白状しようという気になるでしょう。

少し荒技ですが、財布やバッグにカードローンのカードが入ってないか、ATMの利用明細書や金融機関の封筒などがないか、探すのもありかもしれませんね。ちなみに借入先からの郵送物は、そのままの会社名にはなっていません。とりあえず金融機関や信販会社から来た手紙があれば中身を確認しましょう。返済を自動引き落としにしている場合、引き落としの業者名も同じです。通帳を見ただけではカードローンなのか、クレジットの引き落としなのか区別がつかないかもしれません。

どこからいくら借りているのか、はっきりと知りたいなら、信用情報機関に情報開示請求をするのが一番です。これは本人がしなければなりませんので、旦那さんを説得しましょう。有料ですが1000円程度です。サイトから申し込めて郵送で届きます。旦那さんが「借金はない」というならなおさら、問い合わせてみましょう。情報開示してもらえば身の潔白が証明できますので、奥様もすっきりなさるはずです。

【こちらも参考に】
旦那が信販系カードローンで借りていました

旦那のカードローンの実態を調べたいとき

旦那がカードローンを契約しているようだが、いくら借りているか教えてくれない、総額でいくら借りてるか不安なので調べたいと相談されました。結論からいうと、金融機関や消費者金融が出資して運営している情報管理会社に問い合わせれば借入の実績は全てわかります。調べられる範囲は、どの金融機関から、いつ、いくら借りて、返済はどうなっているか、現在の残債はいくらかなどです。クレジットカード、カードローン、銀行の融資など、ほとんどの借入・返済の情報は複数ある情報管理会社に蓄積されます。この情報は、新たにローンを組む場合など、本人の承諾を得てローンの審査を行う会社が取得して審査で利用します。(こちらも参考にどうぞ→クレジットカードとカードローンはどっちの審査が厳しい?

とても大事な個人情報えすので、親族といえども本人の同意なしには開示されません。しかし、親族が個人情報を調査するためには本人の同意が必要ですが、死亡している場合は戸籍等で調査可能です。親族が情報開示を申請するのは、死亡後に相続で必要だからということが多いようです。今回のように、奥さんが旦那さんのカードローンの実態を調べたい、と言うケースでは旦那さんの承諾が必要となります。夫婦間の問題であり、本人から直接聞くしかありません。カードローンなどは、リボルビング払いのように利息計算が難しく、実態を本人が分かっていないこともありますので、毎月の請求書などを確認することが重要です。

また、あってはいけないことですが、本人がいくら借りてるか分からないという場合には、本人の承諾を得て情報開示を申請することも必要になるかもしれません。情報開示には、各情報管理会社で用意されている申請書類に記載したのち、手数料を添えて申請します。申請後、数週間で郵送されたり、窓口での開示となります。情報開示で注意しなくてはいけないのは、情報管理会社は複数あり、すべての会社に情報開示を申請する必要があることです。情報管理会社は金融機関や消費者金融がグループを作ってそれぞれ設立、運営しており、借入等の情報はいづれかの情報管理会社にしかないためです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.