銀行カードローン審査夫婦の同意は必要?

比較的収入の多い夫と結婚したはずが、ここしばらく節約を余儀なくされています。私はしかたないので耐えています。が、娘の習い事やママ友とのお付き合いで、どうしてもかかるお金というのもあります。夫に言っても、「ないものはない」と袖にされて困っています。かくなるうえは自分で銀行のカードローンを借りようかと思うのですが、審査を受けるのに夫の同意などは必要なのでしょうか? 言えば怒られると思うので、内緒で借りたいです。ばれない方法があれば教えてください。

専業主婦専用プランなら申し込みも簡単

妻が借りたからといって、夫に連絡がいくことはないと思いますよ。銀行によっては、専業主婦向けのプランを用意しています。どの銀行でもあるわけではありませんので、専用プランのあるところを見つけて申し込むのがいいのではないでしょうか。専用プランなら、当然、収入証明などは必要ありません。そのかわり借りられる額も50万円以下程度と少額です。もしそれ以上借りたいなら、ご主人に相談されるしかないでしょう。(こちらも参考にどうぞ→専業主婦は旦那名義で契約するの?

ネット銀行でも専用プランを扱っていますね。申込書や本人確認書類の提出もネットでできて簡単です。ご主人のハンコや同意も必要ありません。ばれないようにとのことですが、普通に借りて、ばれることはほとんどないと思いますよ。郵送物や電話にだけ気を付けてください。契約すればカードが届きますから、その受け取りですね。毎月の利用明細書は、自宅に送らないようお願いすることができると思います。あとは滞納すると電話がかかってきますので、その点に注意です。

銀行カードローン審査夫婦でもオーケーです

銀行カードローンは申し込み条件が従来と比べると非常に簡単になり、そのサービスも顧客のことを考えたものになっています。これは貸金業法の改正により、総量規制という規制がなされたためです。この規制は年収の3分の一しか融資を行うことはできず、また年収のある者しか融資を受けることができなくなったので、貸金業者は顧客を増やすためにサービスの向上と融資の手続きが簡単にする必要ができたのです。そのため慰安ではカードローンの審査を通るのも簡単になっています。

たとえば、銀行カードローン審査夫婦で利用しようという場合で、夫が働いていて妻が全く働いていないという場合には夫が融資を受けることができることは当然としてその妻も融資を受けることができるとしている貸金業者が多いです。通常妻は専業主婦オン方が多いですが、専業主婦は安定した年収がないものとして申し込む条件がないために、審査に通ることができないのが通常ですが、夫がアルバイト以外で働いており安定した収入があるという場合には、融資を受けることができると考えている金融業者が多いです。このように貸金業者は融資を受けてくれる門戸を広げているのです。

ほかにもアルバイトやパートの方でも融資を受けることができるように、アルバイトを継続的に行っている方は安定した収入があるものとして扱ったりします。また審査も従来は銀行が独自で行っていたのですが、それではどうしても過不足のある審査を行ってしまいますので、審査を消費者金融に委託しているところもあります。これにより消費者金融のノウハウを銀行は生かすことができるのです。また銀行は通常無担保の方の返済能力や信用情報について、どの程度ならどの程度の融資が可能かということについてのノウハウがありませんので、消費者金融に委託したほうが適切な判断が可能になるのです。そのため夫婦で銀行のカードローンの審査にとって融資を受けることも可能になっています。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.