結婚予定の妻カードローンで悩んでいます

数年来事実婚状態にあった男性にプロポーズされました。40代女性です。思わず受けてしまってから自分のカードローンのことを思い出し、どうしようか悩んでいます。借りた理由は身内の介護です。以来数年間、特に問題なく、自分の稼ぎのうちから払ってきました。今後も終わるまで払っていくつもりです。ですが、結婚後に私に何かあったら、彼に請求がくるようなことがあるのでしょうか? 結婚によって迷惑をかけたくないので、そこだけ心配です。

結婚しても借金は共有されません

カードローンのことは彼にお話しされているのでしょうか? もしまだなら打ち明けましょう。あなた一人で払っていくつもりとはいえ、黙っていたことを後で知られれば嘘を吐いたと非難されかねません。既に打ち明けていて、そのうえでプロポーズしてくれたのだとしたら、何を不安に思う必要があるのでしょうか。どうぞ前向きに将来像を描いてください。

たとえ結婚後にあなたが払えなくなったとしても、保証人ではない彼に請求がいくとは思えません。また昔のような激しい取り立ても、現在は禁止されています。滞納しても本人に電話や通知が来るくらいです。自宅や職場に押しかけてきたり、迷惑や恐怖になるようなことをしたり、家族や知人に返済を迫るというようなことはできません。また、あなたに借金があるせいで彼がローンを組めない、というようなことも起こり得ません。

万一あなたが死んだらどうなるのでしょうか? 本来なら借金は財産ですから、相続人に相続されます。ですが実際には、利用者が亡くなったら相続人には請求しないことが多いようですよ。会社が入っている生命保険で賄ったり、損金処理で済ませたりするようです。この点は業者によって違います。気になるようなら借入先に直接、どういう対応をするのか問い合わせてみてはどうでしょうか。

【参考ページはこちら】
離婚とカードローンのことで悩んでいます

妻カードローンを借りたいようだけど?できる?

妻カードローンを利用したい場合、奥様の仕事の有無、過去現在の金融事故の有無で対応策が変わります。お勤めの方であれば、銀行と消費者金融のカードローンに申し込む事が可能です。銀行のカードローンの特徴は、消費者金融と比べ金利が低く、総量規制対象外である事です。多くの融資を受けても、返済時の利息が少額となりやすく、有利に融資を受けられると覚えておきましょう。消費者金融は銀行と比べ、金利は少し高く、総量規制の対象です。よって年収の3分の1までの融資と決まっています。

消費者金融の特徴は、審査が甘い事に尽きます。アルバイト、パート、派遣社員、契約社員の方でも、安心してカードローンに申し込む事が可能です。(こちらも参考になります→パート・アルバイトのカードローン)専業主婦の方は、銀行のカードローン一択です。銀行のカードローンの中には、主婦向けの商品がありますので、そちらに申し込む事で融資を受けられます。銀行のカードローンは総量規制対象外です。しかし、専業主婦向けのカードローンのほとんどに限度額が設定されていますので、その点は注意が必要です。それでも生活費を賄う、少し贅沢を行う為に使用する分には問題ない限度額です。

債務整理などでカードローンの借金を整理された主婦の方は、少し確認する事があります。債務整理であれば、手続き後から5年から7年、長ければ10年ほど経過していれば、そのまま申し込んでも良いです。しかし、この期間を過ぎていない場合、カードローンの申し込みは控えたほうが良いです。銀行と大手消費者金融の多くが審査の際に、個人信用機関で申し込みした人のデータを参照する為です。

ですから何度申し込みを繰り返しても、審査で落とされてしまうケースが発生します。よって債務整理などの金融事故で信用情報が弱い方は、少し様子を見ておきましょう。過去の債務を調べるのは面倒かもしれませんが、審査で落とされる事を考えると確認する事に越した事はないです。妻カードローンで融資を受けたい方の参考になれば幸いです。
(⇒カードローン審査に通る人・通らない人の特徴

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.