借りたいけど、カードローン大丈夫?返済が心配です

出来高制で収入の安定しない職場に勤めているため、ここ最近金欠に陥りがちです。少しカードローンで借りようかとも思うのですが、毎月どれくらいなら返せるのか、自分でもわかりません。「リボ払いは怖い」といった意見も見かけるのですが、どうしてでしょうか? 「こういう使い方なら安心」といったものがあれば教えてください。

リボ払いを使うなら返せる以上に借りないこと

リボ払いはそのシステムというより、使う人に錯覚を起こさせるという点で危険です。「いくら使っても毎月一万円だけ払えばいい」といった、妙な安心感と油断を抱かせてしまうんです。この罠に引っかかってしまった人は、「借金があるから節約しよう」ではなく、「まだ借りられるのに借りないのは損」くらいに感じてしまうようですよ。反対に「どうしてもピンチのときに足りない分だけ借りよう」という使い方なら役立つはずです。

カードローンは、与えられた限度額内で自由に追加融資を受けられます。この便利さも使い方を誤れば凶器になります。返済途中でまた借りてしまったら借金が減らない、ということはわかりますよね? 毎月返している以上に借りてしまったら、借金は増える一方です。無限に借りられるなら、借金があっても困らないかもしれません。しかし実際には、ある程度までしか借りられませんから、何かのきっかけで追加融資を受けられなくなったら生活にも困ってしまいます。
(⇒カードローンを利用できる金額は決まっている?

安心な使い方というなら、借りる上限を自分で決めることでしょう。一年間でトータルいくらなら払えそうですか? 5万円なら5万円と決めて、残高がそれを超えないようにしましょう。「支払いが楽だから」と甘えてしまうのは危険です。毎月返済できる額がわからないとのことですが、支払えずに延滞などしてしまうともう借りられなくなるかもしれませんよ。毎月の返済額をシミュレーションしたうえで、責任感を持って申し込んでください。

お金を借りるカードローン大丈夫?

カードローンというとよくTVのCMで見かけますよね。○○万円まで融資OK、審査が早くすぐ利用できる等々あります。もう一方で過払金返済についてのCM等、逆に悪い面も見受けられます。どうしても人間心理で悪い面というのは印象が強く、過払金の話が出てきてからは悪いイメージがつく一方です。但し、それは当然のことですが、借りすぎたからだめなのです。何度も何度もCMで警告されているように、計画的に行えばとても便利なものになります。カードローン大丈夫?と思う方もいらっしゃいますが、しっかりと理解すれば不安になんて思いません。

キーワードは「計画的」にです。自分の収入範囲内で返済できるかつ、生活が余裕をもって送ることができるのであれば、極端な話いくら借りても大丈夫ということになります。それができないから悪い面のイメージがついてしまうのです。カードローンは大金を借りなきゃいけないのというイメージがありますが、それは大きな間違いです。少額から借りられる制度もありますし、返済を忘れないよう、自分の銀行口座から自動で引き落としできるシステムもあります。少額であれば利息も多くありません、自分が日常で使用する程度の金額であれば、支障なく返済できるはずです。

最近、消費者金融もイメージアップを図っているのか、期間限定無利息で借入というキャンペーンもやっています。それを目安に一度体験してみるのもよいかもしれません。但し、サポートはしっかりみておく必要があると思ってます。結局人と人との対話ですので、それが合わないのであれば、借りない方がよいですね。現金でお金を持つという事にはメリットもありますが、デメリットもあります。そのお金を何らかの理由で多く損失してしまうことがあります。強盗にあったり、落としてしまったり。購入の金額間違い等。購入した分をカードで支払いをすると、キャッシング会社はその値段だけを正確に引き落とししてくれます。お金を出したり、お釣りをもらったりする時間の短縮にもなりますよね。カードローンはよく理解して計画的に行えば、自分の心強い味方になってくれること間違いなしです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.