夫婦名義のカードローンについて教えてください

夫と離婚の話し合いをしている40代の妻です。原因はいろいろありますが、一番大きなものとしては夫に多額の借金があり、付き合いきれなくなった、というものでしょうか。結婚生活のほとんどを借金に悩まされてきました。1年前に夫に頼まれて、私名義でカードローンを作りました。夫はもう借りられないからです。カードは夫が持っていて、好きに使っています。私は少しも恩恵に与っていないので返済したくないのですが、別れたら私の借金になってしまうのですよね? 私は名前を貸しただけだからと言って、名義変更などはできないのでしょうか……。

使ったのが誰であれ名義は変えられません

残念ながら、カードローンの名義を他人に変更することはできません。勝手に身分証を持ち出されて契約された、というのではなく、不承不承でもご自分で契約されたのですよね? あなたがご主人に請求するか、ダメなら諦めて払いましょう。使ったのがご主人でも、あなたが契約してあなたがカードを渡したわけですから、責任はあなたにあります。いいではありませんか。借金と言う負債は残っても、ご主人という不良債権とは別れられるのですから。

「私が使ったわけじゃない」と返済を放棄したりしないでくださいね。そんなことをしても、結果としてあなたに損しかありません。返済を延滞してブラックリストに載るのはあなたですよ。これから一人で生計を立てなくてはならないのに、クレジットカードが使えなくなったり、ローンが組めなくなるのでは困るでしょう。最近は賃貸を借りるのにもクレジット審査がある場合があります。ブラックリストでは自らの選択肢を狭めるだけです。(こちらも参考にどうぞ→ブラックでも借りれるカードローン

離婚して名字や住所が変わったら、カードローンの情報変更も忘れず行ってくださいね。これをしないでおくと、故意に逃げようとしたと思われて、良いことはありません。カードはまだご主人が持っているのでしょうか? 別れる前に大きな買い物でもされないよう、取り上げて使えないようにしましょう。どうぞ前向きに新しい人生をスタートさせてください。同じ経験をした者からの精一杯のエールです。
(⇒離婚とカードローンのことで悩んでしまったら

夫婦名義でカードローンの融資をうけること

夫婦の方はそれぞれ相互扶助義務や同居義務などの義務を負っていますし、また夫婦財産制で夫婦の財産は結婚後は共通のものとされていますし、日常化時代利権によって日常の生活費などの日々使用される財産や日常生活で負った債務は夫婦の一方が行った契約でも他方も同じという性質の権利があります。これらからわかるように夫婦はその財産を同一として考えるという考え方が社会で認められた考え方といえますので、夫婦名義でカードローンを組むことも夫や妻のそれぞれの合意がなくても可能だと考えられます。しかも夫婦名義のカードローンを認めないと夫や妻の片方しかカードを使って融資を受けることができないため、不便となってしまいます。

カードローンは今ではインターネットや電話で申し込みと契約、融資を行ってもらうことができますし、また銀行や消費者金融の店舗や提携しているコンビニのATMから利用できますので、融資や返済を行う際もお近くのコンビニから行うことができる点で非常に便利です。しかし夫婦の一方しか利用できないカードローンというのはいくら便利でも夫婦にとっては使いにくいものとなってしまいます。そのため夫婦名義のカードローンも認めなければなりません。金融業者にとっては夫であろうが妻であろうが夫婦であろうが特に関係はありませんし、とにかく返済をうけることができればいいのですから特にもんだはないはずです。

金融業者は貸金業法の改正から業界が冷え切った時代が続いており、それぞれが顧客を奪い合う時代となっていますので、こういった金融業者はサービスの充実と審査や申し込みを簡単に行うことに誠意を尽くしています。(こちらも参考になります→簡単に審査が通るカードローン)そのため夫婦名義で融資を受けることも顧客がお願いすれば特に問題なく行えると思われます。貸金業者は銀行でも消費者金融でも夫婦の方から安定した返済を受けることができれば、利益につながるのですから、金融業者にとってもいいことになります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.