旦那が信販系カードローンをしていたのですが…

幼い子供のいる主婦です。まだ外で働けないので、毎日内職をして家計を助けています。夫は収入が低く、昇給の可能性もほぼありません。それでもかまわないと思って頑張ってきました。ところが、先日夫に信販系カードローンでの借入があることを知ってしまいました。金額は5万円ほどと少ないですが、裏切られていたようでとてもショックです。それ以上に、もっと借金が増えてしまったらどうしようかと心配です。気づいたのは偶然手紙を見てしまったからなので、直接注意もできず悩んでいます。

見て見ぬ振りをせずに、まずは話し合いを

お子さんを育てながら家計のやりくりも頑張ってきたのに、裏切られるようなことをされて悲しいですね。しかし、旦那さんは何のためにお金を借りたのでしょう。ご自分が遊ぶためでしょうか? ひょっとしたら、お付き合いなどでどうしても必要なお金がなくて、奥様にも言い出せずに借りてしまっただけかもしれませんよ。勝手に手紙を見たから言い出せないとのことですが、ここはきちんと話し合われた方が良いはずです。旦那さんも本当は打ち明けたいと思っているかもしれませんよ。

借金が増えてしまったらと心配されていますが、信販会社の個人向けカードローンには総量規制が適用されます。最大でも年収の3分の1しか借りられません。それも無条件でそれだけ借りられるわけではなく、増額するにも審査があります。何年か前までのように、一度借りたらどんどん増えてしまった、ということは起きづらくなっていますので、それほど心配される必要はないでしょう。
(⇒総量規制対象外のカードローンを使いたい方はこちら

ですが、利用が長期間に渡れば限度額も高くなります。反面、金利は下がるかもしれませんが、利用が長引けば結果として利息の総額は多くなります。旦那さんが借金に慣れて甘えてしまうのも心配ですしね。やはり気になるなら黙ってやり過ごそうとせず、きちんと話し合われるべきではないでしょうか。

旦那が信販系カードローンをしていたときにチェックすべきこと

あるときカード明細をみていたら、旦那が信販系カードローンをしていたという事実を知ってしまった!という人がいるかもしれません。信販系カードローンとは、クレジットカードを扱っている会社がおこなっているカードローンのことです。このためクレジットカードの機能の一つとしてキャッシング機能がついている場合が多いため、とくにカードローン専用の申し込みをしていなくても、信販系カードローンを利用できる場合があります。クレジットカード申し込み時に何気なくキャッシング機能をつけておいたまま忘れてしまっていたという場合もあるでしょう。

ある統計によると、成人日本人の5人に1人がカードローンを利用した経験があるともいわれており、正直なところ「旦那が信販系カードローンをしていた」といっても珍しいことではありません。しかしながらここで気をつけたいのは、「その借入額が限度額いっぱいかどうか」という点ではないでしょうか。限度額いっぱいであった場合は他のカードローンも使用している可能性がすてきれません。となると「合計でいくら借り入れているのか」ということと「それぞれの利息はどれくらいか」といったこともチェックすべきです。

実は信販系カードローンはその利率がとても幅広く設定されています。このため借入総額や返済状況によっては借入を整理して一本化して、効率的に返済することがベストになってくるのです。これを知るためには旦那本人に確かめるのがよいかもしれません。きちんと向き合って話すためにも旦那が信販系カードローンをしていたという事実だけにこだわって、追い詰めるような発言はしないようにしましょう。また旦那が信販系カードローンをしていた理由もきてみるとよいのではないでしょうか。あなたに相談できなかったやむを得ない事実があるかもしれません。とはいえギャンブルや浮気が理由であればそれはそれで旦那が信販系カードローンをしていた云々とは別の問題です。

【参考ページ】
夫がカードローンを使っていることに気付いてしまいました

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.