カードローン希望限度額借りられない理由は

キャッシングベスト3

カードローンで希望限度額が借りられない理由は何がありますか

カードローンで希望限度額が借りられないのはどのような理由があるからでしょうか。

本人の属性や信用情報から審査して限度額は決められます

申込み時の年齢や属性、信用情報から総合的に判断して限度額は決められるのです。たとえ希望の限度額があったとしても、カードローン会社が判断した限度額になるので、希望した限度額にならない場合もあります。それは年収にもよるでしょうし、この顧客はこのくらいの金額の回収が見込まれるであろうと判断されての事なのです。初回から思い通りの限度額になる事はあまりないのかもわかりません。

1年くらいはその限度額で借入も最小限必要な額のみ借入し、返済は期日には必ず支払うようにして信用を積んで下さい。取引状況によりカードローン会社の方から限度額の増額を提案して来ることがあります。その場合に増額をするようにして下さい。もちろん提案してこない場合でも窓口に増額を申し出る事によって再度審査をし、増額に応じてくれる事もあります。あせらずに少しずつ限度額を増やしていくようにして下さい。

限度額を増額する事はそれだけ借入出来る金額が増える事です。言うまでもありませんが、借り過ぎによる破綻は返済出来ない程の借入をしてしまった場合に起こります。便利なカードローンでは知らず知らずの内に借入額が増えてしまったと言う事が良くあります。限度額が増えたなら今までよりもより計画的な借入れが必要になりますし、無理なく返済できるかを充分考えなくてはいけません。限度額を増やす事のみ考えずに、無理のない借入返済を目指し、ゆたかなカードライフを楽しまれる事が大切だと思います。

カードローンの希望限度額が借りられない理由とは

現在様々な金融商品がありますが、中でも銀行のカードローンや消費者金融のキャッシングが一番利用されています。そんな貸金業界に2010年新しい法律が決まり総量規制というものが定められました。これは自己年間所得額の3分の1までしか融資してはいけないという法律なんです。

これに従い貸金業界は今まで利用していた方の借り入れ限度額も見直し、所得の3分の1を超えて融資していた人のカードを利用停止にするなど対策をとるしかありませんでした。もちろん新規に申込みをされた方でも総量規制以上の限度額は借りられません。これはもちろん1社だけでの話ではなく、申込みする方が他の企業からキャッシングされている場合はトータルで3分の1迄しか融資はされません。希望限度額が借りられない1番の要因はこのためです。その他の理由としてはその会社との信用関係、今までの信用機関での情報等があります。この2点がどういうものか説明したいとおもいます。

1、会社との信用関係とは、最初からいきなり高額の融資は出来ないけれど、しばらく利用して返済の遅延や滞納等がなければもっと融資しますよ、というものです。もちろんこれは法律の範囲内でというが前提です。

2、信用機関の情報とは、今までのお金を借りた情報や支払状況等が判る情報機関での成績の事です。たまにブラックリストに載るという言葉を聞きますがそれはこの情報機関にその旨が載ってしまい借り入れが出来なくなってしまう事をさしています。ここには他社からの借り入れ金額等詳しく乗っているので、そのために希望限度額は融資出来ないこともあるんです。

最後に消費者金融での希望額が借りられない方は銀行のカードローンを試してみるべきだと思います。銀行のカードローンは総量規制対象外商品なので消費者金融よりは審査が少し甘い為希望通りの金額が借り入れできる可能性があるんです。最近では殆どの大手の銀行がカードローンのサービスを行っているのでご自分に合った会社を選んで申し込んでみるもの一つです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.