銀行系カードローンの借入限度額を決める要素は何がある?

この前初めて借入限度額っていうの?その限度いっぱいまで使っちゃって。知り合いに聞いたら私より限度額が高いんだけど。同じカードローンを使ってるのに変じゃない?っていうか不公平なんだけど。何でこんなに違うんだろう。

借り入れ限度額は、年収や借入実績によって変わります

おそらく年収の違いが大きな原因だと思われます。借り入れ限度額は、最大で年収の3分の1程度と条例で決められています。従って、これを超える金額はカードローンでも利用不可能というわけです。例えばあなたの年収が300万円とすれば、借入限度額は3分の1の100万円ということですね。(こちらも参考に→カードローンで借りられる上限はどれくらい?

更に別の金融機関でカードローンを利用していた場合もカウントされますので、先ほどの年収でA社から60万円借りていたとすると、B社で40万円を超える金額は借りることができないようになっています。これは個人の支払い能力を考慮して、それ以上のローンは危険であると判断されているからですね。

また、借入や支払いの実績によっても限度額が変わる場合もあります。カードローンは勿論、携帯電話や電気、ガス代を延滞して支払った事はないでしょうか?過去にそういった未払いがあると、支払い能力が不十分という扱いになり、借入限度額が低く抑えられる場合もあります。何度か正しく支払えば、これらの未払い実績は払拭されるでしょう。

以上のように、年収や様々な実績などで借入限度額は異なってきます。それ以上の借入は違法な金融機関であれば可能かもしれませんが、金利も大きくあなた自身の支払い能力も追いつかなくなる可能性は極めて大きいものですのでお勧めいたしません。それに違法な金融機関で支払えなくなった場合どうなるか…考えただけでも恐ろしいですね。

銀行カードローンは借入限度額を大きくできる理由とは

銀行カードローンは、消費者金融やクレジットカードに比べると借入限度額を大きくできるという特徴があります。その理由はいくつかありますが、もっとも大きい理由は法律が異なるからです。

消費者金融から借りる場合や、クレジットカード会社から借りる場合には、貸金業法という法律の規制を受けます。総量規制という言葉を最近になって良く聞くようになりましたが、この総量規制とは貸金業法に定められている規制です。具体的には、年収の3分の1までしか貸し付けを行ってはいけないという規制です。ですから、例えば、年収が450万円の人であれば、総量規制が適用される限りは、150万円しか借りることはできません。法律によって定められていますから、本人の信用力やその他の条件がどうであっても、この制限は守らなければなりません。ですから、それよりも多く借りることはできないのです。

しかしながら、銀行は貸金業法が適用されません。銀行は、カードローンの借入限度額を大きくできる事ができると言われる理由は、貸金業法が適用されず、そのために総量規制の対象外となるからです。たくさん借りたい人にとっては適した金融機関だと考えられます。では、具体的にはどれくらいまで借りることができるのでしょうか。これは個人の信用力によっても異なるのですが、最大では800万円まで借りることのできる銀行もあります。800万円くらい借りるだけの信用力があれば金利も低く設定してくれることが多く、例えば年率で4%台の低金利で借りることができる場合も多いのです。

銀行というと、借入限度額を大きくできるというメリットがクローズアップされることが多いですが、それだけではなくて低い金利で借りることができるというメリットもあります。過去に借り入れをして返済をしなかった場合には信用情報に傷が付いて審査に通らないこともありますが、普通の人で普通に安定した収入があれば審査に通る場合が多いです。
(⇒カードローンを増額するデメリットとは

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.