カードの限度額が希望より低かった理由は

キャッシングベスト3

カードローンの限度額が希望限度額より低い枠を上げられる?

カードローンの限度額が希望している額よりも低かったのですが、限度額を引き上げる事ができますか?

限度額引き上げは取引期間を充分取ってから

カードローンを申し込みをした時には審査があります。(こちらも参考にどうぞ→審査が優しいカードローンには裏がある?)その審査の状況で限度額が決定するのです。その限度額が希望より低かったとしてもすぐに限度額を引上げる事はやはり不可能です。もちろん少なくとも半年、出来れば1年以上は取引期間を置いて限度額の増額を申し出る事は可能です。その際再度審査を受け、必要なら収入証明書も提出して審査に通ったら限度額の増額と言う流れになるのです。

カードローン会社の立場になれば回収見込みのない顧客に限度額の増額は行ってくれません。審査してこの顧客にはこれだけの限度額設定と決めた金額です。希望に添えなくてもすぐに限度額を上げてくれるという事はまずないと言ってよいでしょう。やはり実績を積んでからこの顧客はきちんと返済してくれる客だと信頼して貰えた場合に初めて限度額の引き上げに応じてもらう事が出来るのです。

もちろんその間の取引状況が重要で、遅延などがあった場合は限度額の増額は難しくなります。限度額いっぱいに借入している場合も限度額の増額に応じてくれない場合が多いです。限度額一杯に借り入れしている人がこれ以上の限度額に対して間違いなく返済してくれるかどうかと考えると、やはり難しいですよね。1年位計画的な借入れと遅延のない返済を続けていると、カードローン会社の方から限度額の増額を提案してくれる事もあります。それからの増額でも遅くないのではありませんか。

希望限度額より低いカードローンの使い道について

カードローン業者は顧客からの融資の申し込みを受けるとまずその申し込みの内容に問題がないかについて在籍確認を行い、職場へ電話をかけて職場や年収に関する情報が間違いないかについて調査します。そしてその次の段階で、実際に融資を行っていいかについて審査を行います。この審査では借主の返済能力の有無や、経済的な信用情報について調査を行い、融資を行っても返済を行ってくれることが確実といえるかについて調査を行います。このような調査を行うのは、貸金業者は融資を行うのが業務なのではなく返済を受けることが業務で、それによって利益を受けることができるためです。

そのため金融業者は審査をしっかりと行い少しでも返済を受けることができない可能性が高いと感じた場合には、融資を取りやめたり、もしくは申込みでなされた希望限度額より低い利用限度額を提示してその分の融資を行うことがあります。その場合は借主としてはその低い利用限度額で契約を行うか、それともそこで契約をやめるかについて判断しなければなりません。この段階では金融業者は融資を行おうとしてきますが、自分の希望限度額よりも低いだけ利用できるカードを融資されたとしてもそれでは自分が考えていた目的を達成することができないことがあります。

そのためそんな時は借主は契約を取りやめる旨を業者に伝えて、再度今の自分の返済能力や信用情報のどこがダメなのかについて考えたうえで、再度別の金融業者に申し込みを行うべきことになります。カードローン業者では必ずしも希望限度額通りの融資を行ってくれるわけではありません。申し込みよりも多くの限度額を融資することはありませんが、申込みよりも少ない限度額であれば融資を行うことができると考えることがあります。カードローンに申し込む場合には自分の目的のためにいくら必要かについて考えておき、いくら以上の利用限度額が認められたら契約を行うか考えておきましょう。

【参考ページ】
カードローンで希望金額が借りられない理由

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.