カードローンの限度額引き上げ方法について教えて下さい

カードローンの限度額を引き上げるにはどうすればよいのでしょうか。引き上げ方法を教えて下さい。

窓口に限度額引き上げ希望と申し出て審査を受ける事です

カードローンの限度額の引き上げを希望する旨をカードローン会社の受付窓口へ申し出ます。その際再度審査を受ける為、必要な書類を提出するようになります。本人確認の免許証コピーや収入証明書です。審査の結果認められれば限度額を引上げられます。本来、カードの使用状況によって遅延する事なくきちんと返済をしている。無理な借入れをしていない、など信頼するに値すると思われた場合カード会社の方から限度額の引き上げを提案して来る場合が多いのです。特に消費者金融の場合は取引期間約1年くらいでそういう提案の文書が届く事があります。

どの場合でも積み重ねた信用がものを言うのです。毎月の返済に遅延のないよう、他社での買い物などでも充分な注意を払って下さい。信用情報機関にマイナスの情報が載る事のないようにする事ですんなりと限度額の増額が認められるのですから。自分の方から申し出て限度額を増額してもらう場合も同じように信用情報は重要視されるのです。後は初回の時と同じように審査され、勤務先へも在職確認の電話もあります。

望み通り限度額の引き上げが行われたとして、かなり増額された場合など特に使い過ぎに注意が必要です。枠が空いたら借りると言う事を続けていた方がまだましで、新たに多額の借入が増えてしまうと言う結果になりかねないのです。くれぐれもそういった事にならないように注意の上に注意をして下さい。

カードローン限度額引き上げ方法のポイント

カードローンは契約を行った時点では限度額が低めに設定されていることが多いですが、引き上げも可能です。限度額引き上げ方法にはいくつかのポイントがあります。利用しているカードローンが限度額の引き上げが可能なものであるか、また、銀行系かそれ以外かを確認します。銀行系では総量規制の対象にならないため、年収の3分の1を超える限度額にすることも可能です。しかし、信販系、消費者金融系で年収の3分の1に近い設定額になっている場合、それ以上引き上げるのは難しいです。(こちらも参考にどうぞ→総量規制の対象になっているカードローン

限度額を引き上げる場合、それまでの取引実績が重要になります。遅延することなく返済を行っていけばカード会社に安全であると認められ、限度額を引き上げやすくなります。しかし、1度でも遅延が発生していると、警戒されて引き上げが困難になります。そのため、引き上げを考えている場合は絶対に返済が遅延しないように注意が必要です。取引実績にはある程度の期間が必要になり、銀行系以外では1年程度、銀行系ではそれ以上必要と考えるとよいです。限度額は取引実績を重ねていくことで信頼が得られれば自動で引き上げれられ、通知されることがありますが、申請が必要な場合もあります。しかし、申請しても審査が必要になることも多いです。

引き上げ申請時の審査について、単純にそのカード会社との取引実績があれば通るというものでもありません。カードローンは契約しているだけでも債務があると見なされることがあります。そのため、契約しているカードの数が多い場合や、全カードでの限度額の合計が高い場合、カード会社は自己破産などの返済できなくなるリスクを避けるために審査を通さないということもあります。これらのことから、カードローンを限度額を引き上げるには、「カードの種類」「自分の年収」「遅延なく返済を続ける」「不要なカードは解約してカードの数を減らし、メインとして使用しないカードの利用限度額を引き下げておく」という点に注意しておくとよいです。

【参考ページはこちら】
消費者金融と銀行のカードローン限度額を比較した時

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.