カードローン限度額増額に応じてもらえなかったのは何故か?

急なリストラで困り、現在はアルバイトをしながら何とか暮らしています。もう何か月かすれば正社員で働ける場所も確保できそうですが、当面の生活費や家のローン支払いなど、お金が足りない状態です。そこでカードローンの限度額を増やしたく思っているのですが、応じてもらえませんでした。何が原因でしょうか?

現在の職業、収入などが原因と思われます

カードローンは、定期的に安定した収入がある方が利用できるシステムです。借りたら返さなければなりませんから、安定して返せるかどうかが重要視されるわけですね。あなたはアルバイトで定期的に収入を得ている点は問題ないのですが、現在の収入が低く、限度額を増やしても返済能力がないと金融機関に判断されているためだと思われます。(こちらも参考に→バイトしたてでもカードローンは使えるもの?

また、カードローンは言い換えれば金融機関にお金を借りている行為で、その借りるお金は年収の3分の1が最大融資額と条例で定められています。なので収入が低ければ、それだけ限度額をふやすことも不可能となるのです。

アルバイトをしていれば生活費は何とかなりそうですが、ローンの金額が大きすぎるなら支払いが不可能…という場合も出てくるかもしれませんね。そんな時は身の回りの資産を売って足しにするか、それでも無理なら弁護士に相談して毎月のローン支払いや期間を再構築する「債務整理」も選択肢として考えられます。限度額がどうしても増やせないのなら、このような方法もあることを覚えておいて下さい。

カードローン限度額増額の審査に落ちてしまったことは残念ですが、現実として受け止めて次の方法を探すのがいいでしょう。まだ他に増額に応じてくれる金融機関もあるかもしれません。あまり悲観せずにまずは行動してみて下さい。

カードローン限度額増額を申込む前に確認しておくこと

カードローン限度額増額が可能という金融機関は少なくありません。そして、我々利用者も、もっとお金が必要になったという状況に陥ることは多々あります。では、どうすれば限度額を増やすことができるのでしょうか。その条件をいくつか見ていきます。もちろん、カードローンの商品内容によっては、増額不可能と定められているものもありますので、事前に確認はしておきましょう。

まずは、返済状況を確認することです。一回でも返済に遅れがある場合は、増額は不可能に近いようです。また、返済だけはなく、利用しているのかどうかも重要視されています。きちんと返済をしてくれることもそうですが、そもそも、利用してくれないのでは、金融業者にとっては収益になりません。利用したこともないのに、いきなり増額してくれと言っても、良い顔はされないでしょう。これらは、金融機関との信用問題ですね。ちゃんと利用し、きちんと返す、良い客であることが必要です。

次に、年収に対しての、現在の借入金額の割合が注目されます。増額しても、その割合が年収の3分の1以下であることが重要です。特に消費者金融や信販系などで増額を希望する場合、総量規制という法律で定まっていることなので注意してください。また、銀行系のローンの増額をする場合、消費者金融などでローンを組んでいると、増額は認めてもらえない可能性が高いです。複数社にまたがってローンを組んでいる場合は確認してみましょう。

更に、増額したいということは、その分借りたい、つまり、返済額も増えることになります。そのため、毎月支払う額も増える場合があります。この点も、事前確認は必須です。繰り返しますが、きちんと返済していることは、金融機関にとって重要なことなのです。月々の返済額が増えても大丈夫なのか、自身の収入とも計算しておきましょう。カードローンは、いつでもどこでも気軽に利用でき、返済も同様に行うことができます。しかしそれゆえに、油断してしまいがちです。増額が拒否される理由の多くは、利用者の行動に基づいています。せっかくの便利なシステムです。ルールを守り、計画的に利用し、賢く返済しましょう。

【参考ページはこちら】
カードローンのメリットとデメリットを教えて!

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.