銀行カードローンの限度額はどうやって決められるのですか

銀行カードローンの限度額はどのようにして決められるのでしょうか。やはり収入などでも違ってくるのですか。

限度額は本人の収入など審査基準によって決まります

銀行カードローンの場合に限らず限度額は審査基準によって決まります。審査基準とは本人の年齢や勤務先勤続年数、収入などです。銀行のカードローンは総量規制対象外なので収入の3分の1以内と言う消費者金融の限度額よりも幅を持たせる事はできます。ただ、銀行のカードローンの場合は審査基準が厳しい事が多く、限度額も初めからさほど大きな金額は望めないように思います。

限度額はずっとそのままではなく、カードローン会社が増額を提案する事もあります。これは一定期間のカードの使用状況が優良であると認めた時ですが、銀行のカードローンでは限度額増額を銀行側から提案して来ることはほとんどないと言って良いでしょう。ただ総量規制対象外の銀行のカードローンは収入の3分の1以上であっても銀行側が限度額増額を認めてくれれば300万円くらいまで増額する事も可能です。しっかりと信用を積んで増額を申し出てみるのも良いでしょう。

カードローンは便利に使えるカードですが、それゆえにむやみに使い過ぎるというデメリットがあります。限度額一杯に借り入れしてしまい、返済も遅延するような事があればもちろん、限度額を増額したいと思っても、信用どころか不信感を与えてしまいます。カードの使用にはくれぐれも無理をする事のないように気を付けて下さいね。

銀行カードローンの限度額について

銀行カードローンは他の金融機関と比べて金利や安めとなっており、とても利用がしやすくなっています。限度額は収入に応じて判断されますが、目安として年収の3割程度と基準を設けていることが多くあります。銀行カードローンは他の金融機関に比べて様々な面でお得に利用することができ優遇されている面も多くありますが、審査が厳しく場合によっては審査時間も長くなってしまうことも珍しくありません。また他のローンを利用している場合には、契約にいたらないケースもあり利用契約ができないこともあります。契約の際には収入の証明ができるものが必要となり、その収入に応じて融資限度額が判断されるようになっています。

ですがずっと同じ限度額ではなく、利用をして行くに従って増額の案内を受けられるようになります。その際には金利についての見直しを同時に行うことが多くなっており、より安い金利で利用できるように契約を更新することができます。高額な融資を受ける必要がなく断ってしまうと金利を安くする契約を行えなくなってしまうので、このような増額の案内を受けた際には金利についての案内を確認して検討していくことで、より良い契約内容とすることができます。カードローンは長期にわたって返済をしていくことが多くあるため、このような契約の見直しによって金利が低くなることは、今後の返済についてとても大きな影響を与えるものとなります。

毎回返済額が決まっている場合でも元金に対して充当される金額が大きくなるため、次回以降の金利の割合もさらに低くすることができ返済を効率良く行っていくことができます。銀行カードローンでは口座引き落としにて返済を行う場合もありますが、その際の明細を確認してみると金利の額に大きな変化が出るようになり、元金に対する割合が高くなっていくことを確認できます。限度額を増額できる際にはこのようなメリットもあるので、今以上に借入を行わない場合でも契約の見直しをしていくことをおすすめします。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.