カードローン300万の限度の金利はいくら

キャッシングベスト3

カードローンで借入時限度額300万円での金利はいくらになる?

カードローンで300万円の限度額の場合、金利はどの位になりますか。

300万円の金利は実質年利10%前後の事が多い

実質年利はカードローンの限度額によりそれぞれ違っています。銀行と消費者金融でも違います。限度額300万円のカードローンの場合実質年利は8%~10%くらいになるのではないでしょうか。10%として年間30万円ほどの金利がかかります。もちろんこれは300万円をすべて借り入れた時の事です。実質年利は借入残高に対してかかってくるので、詳しい金額は各ホームページで返済シュミレーションも出来るので確認して下さい。

カードローンは通常50万前後の限度額が多いのではと思います。消費者金融では特に総量規制の為、年収の3分の1以上の借入は出来なくなっています。単純に言って300万円の限度額と言う事は900万円以上の年収が必要になります。銀行では総量規制対象外なので300万円の限度額ももちろんあり得ますが、大きな金額の場合は目的別ローン。例えば車購入の為や住居のリフォームの為と言う場合はその目的にあわせたローンが用意されており、金利もフリーローンに比べてずっと低金利になっています。目的があるのなら、窓口で相談される事をお奨めします。

目的別のローンではなく300万円の限度額の場合は各社とも金利はかなり低めに抑えられていますが、どうしても限度額一杯に借り入れた場合は利息も大きくなってしまいます。月々の返済額を増やしたり、随時返済を行ったりして出来るだけ早く完済するようにして下さい。

【参考ページ】
カードローンの利息を計算する方法

限度額300万での金利のカードローンはこれくらい

カードローンを申し込む際にはその申し込み条件を達成する必要があります。申し込み条件には基本的に20歳以上から65歳までしか融資を受けられないという年齢制限と、日本国籍の方しか融資を受けられないという国籍制限と、安定した収入をお持ちの方しか融資を受けられないという年収制限があり、それに通常は金融業者の指定する保証会社と保証契約を結ぶことという条件がもうけられています。保証契約は借主が返済をしなかった場合に代わりに返済を行うことになる会社で、今後はこの会社が借主に取り立てを行うことになります。

カードローン業者は申し込みが終わった後に在籍確認という職場への電話により、借主が申込時に提出した書類の通りの職業と年収を持っているのかどうかについて調査をします。そのあとに実際に融資を行うかどうかについて審査を行います。この審査では返済能力の有無と経済的信用情報の有無について調べることになりますので、もしそのような調査の結果融資を行うことに問題があると考えた場合には、融資を取りやめたり希望融資額以下の利用限度額のものとしたカードローンの融資を行うことがあります。

この時利用限度額によって変動するという合意で金利を定めていた場合は、業者の定めた額面での金利となります。たとえば限度額300万円と定めた場合は、限度額300万での金利となります。また金利というのは銀行や消費者金融の場合は変動金利をとっているのが普通です。変動金利というのは景気や政治的事情の変化によって金利が利息制限法の法定利息の範囲で変動することを言います。そのため契約で合意した分の利息がカードローンを使用している間に利息が変わってしまい、支払う額が予想より大きくなってしまう場合があります。そのため変動金利のところから融資を受ける場合には専門家からの意見を聞いたほうが良いです。ほかにも単利か複利かといった利害により利息として支払う分が変わってくる場合もあります。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.