カード限度一杯で返済中だがまた借りられる

キャッシングベスト3

銀行カードローンを限度額借り返済中にまた借りることできるか?

銀行のカードローンですが限度額一杯に借り入れしています。今返済中なのですが、それでもまた借入する事が出来るのでしょうか。

返済によって限度額の枠が空いたら借入は可能ですよ

限度額いっぱいに借入している場合は返済によって限度額の枠が空いてから空いた分だけさらに借入する事は出来ます。ATMの残高確認で借入可能額を確認する事が出来るので確認して下さい。ただ限度額一杯に借りるというのはついついと借入をしてしまった結果だと思います。枠が空くまで待てなくて、今度は別のカードローンを作ってまた限度額いっぱいに借りてしまう。そういった事を繰り返してしまう可能性があります。(こちらも参考に!→カードローンの限度額増額方法

もし出来るのならば、今の借入を返済のみ行って完済するように努力して下さい。借金する事が当たり前の生活から通常の生活に戻すようにされるべきです。完済出来たら次は借り過ぎないように充分計画をたてて上手にカードローンを使うようにして下さい。カードローンは給料前などに急にお金が必要になった時や計画を立てていても突発的に出費が重なった時などに困らない為に持っているべきものだと思います。
(⇒カードローンを持つことのメリット

ゆとりのあるカード生活を送る為には借り過ぎてはだめなのです。カードを作った時にはわかっていたはずなのに、いつの間にか限度額いっぱいに借入してしまう、それはあまりに簡単に現金を引き出せるカードならではの便利さが裏目にでたと言えるでしょう。カードローンのメリットがそのままデメリットになってしまったと言う事ですね。これは誰でもが陥ってしまいがちなカードローンの落とし穴です。こうなる前に無理な借入れはしない事、出来るだけ返済期日を短く、随時返済も行って完済を目指す事で、本来のカードローンの目的であるいざという時の強い味方となってくれるゆとりのあるカード生活が営まれるのではないでしょうか。

【参考ページ】
カードローンのメリット・デメリット

キャッシングカードローンを限度額借り返済中にまた借りることできるか?

キャッシングカードローンを限度額借り返済中にまた借りることできるか?については、契約が包括契約となっている場合は、返済中にでもカードローンの限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れと返済をすることができます。包括とは、このように契約している限度額の範囲内であれば繰り返し借り入れが自由にできることを指します。これが、包括契約出なかった場合に、返済の途中で借入がしなくなった場合は、再度追加借り入れの契約書を交わさなくてはならなくなります。包括契約は、追加借り入れのたびに毎回毎回契約書を作成する必要のない契約ですので、カードローン利用者にとっては大変便利な契約なのです。
(⇒カードローンで借りられる目安が知りたい

ですが、返済途中であっても自由に借り入れができなくなることがあります。それは、支払期日を過ぎてしまった場合です。支払期日が到来する前であれば、融資余裕額があれば希望の金額の融資を受けることができますが、支払期日当日以降になると借りたお金を返済にまわすことがないおうに融資が一旦停止します。再度借り入れをするためには、返済をすればまた融資余裕額は回復しますので、再度借り入れが可能になります。返済途中で、追加借り入れをした場合ですが、次回の支払金額は高くなります。

元金の支払いは借り入れ直後の残高に対して設定されます、利息の支払金額は現時点の残高に対して設定されますので、今後の返済を見据えて計画的に利用をしなければなりません。そして、何の予告もなく急に融資停止になることもあります。カードローン会社は、総量規制を順守するために定期的に信用情報調査が行われます。信用情報調査は、最初に審査申込みをする時に行うのではなく、カードローン契約後も定期的に実施されます。ここで、他の会社にの借入残高が増えてしまったり取引している金融機関が増えていたりすると、過剰融資防止のために融資が一旦ストップすることにもなります。借りすぎには注意しなければなりません。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.