銀行と消費者金融比較すると限度額の差は?

キャッシングベスト3

カードローン限度額で比較すると銀行と消費者金融どちらが多い?

カードローンの限度額は銀行と消費者金融で比較した場合、どちらが多いのでしょうか。

どちらの場合も通常の限度額はほとんど変わりありませんよ

消費者金融と銀行のカードローンで限度額が違ってくるのは、例えば消費者金融でカードローンに申込んだ人が、他社ですでに100万円の限度額のカードを持っている場合、年収が400万円だとしたら今回のカードローンは総量規制の為30万円の限度額となってしまいます。総量規制と言うのは貸金業法改正で施行されたもので年収の3分の1以上の貸付は行ってはいけないと言う法律です。これは消費者金融が対象で、銀行のカードローンは総量規制対象外となっています。その為に同じ人が銀行のカードローンに申込んだ場合は銀行側の判断で50万円の限度額になったり60万円の限度額になる場合もあるでしょう。

こういった場合は消費者金融と銀行での限度額には差が出てきます。でも他社での借入が無い場合は限度額は消費者金融でも銀行でもさほど目立った差はないのではないでしょうか。もっとも審査基準はやはり銀行の方が多少厳しくはなっているので、1年くらいして消費者金融では限度額増額を提案して来る所があっても銀行ではなかなか増額に結びつかないと言う事はあるようです。

それぞれにメリットデメリットがある消費者金融と銀行のカードローンです。限度額での比較以外も金利などで差があるので、ホームページで確認したり、各金融業者を比較している口コミ情報などもあります。しっかりとチェックして申込みして下さい。

【参考ページはこちら】
カードローンにはどんなメリット・デメリットがある?

カードローン会社を選ぶのに限度額で比較することとは

これからカードローンを利用し始めようと思っている方は、カードローンの借り入れの限度額を知っていくことはとても重要なことです。各カードローン会社によって借り入れの限度額は様々で、数十万円しか借り入れができないところから数百万円まで借り入れできるところもあります。限度額の大きいカードローンとは、多額の借り入れが必要な場合にぜひとも注目したいカードローンです。無担保融資であるので年齢やどんな仕事かといった条件によって各金融機関が借り入れの限度額を決めます。

例えば、学生などの若年層の方は低く設定されています。しかし、会社員となると定期的に収入を持っていると高く設定される傾向があります。また、新規の利用の際には低めの借り入れ限度額でも、その後々の返済実績によって信用があると認められ、上限が引き上げられることもあります。もし、どこで借り入れしようかと悩んでいるひとは3つのポイントを重視するとよいでしょう。1つ目は、限度額です。限度額で比較することによってどの会社が多く借り入れしてくれるのかが分かります。2つ目は、金利です。消費者金融だと金利は基本的に高く設定されています。しかし、銀行系だと金利は低く設定されています。

しかしながら、銀行系は審査が少し厳しくなるのできちんとした返済ができる方が対象となるでしょう。3つ目は、融資までのスピードです。これは消費者なら誰もが気になるところでしょう。即日で借り入れしてくれるのかどうか、もしくは何日間がかかってしまうのか会社によって様々です。すぐにお金をなんとか用意しなければならないとなれば、消費者金融かもしくはクレジットや信販などの会社がスピーディーに対応してくれます。銀行系は信頼度が高いと有名ですが、審査から借り入れまでの時間が少々かかってしまうので速さを求めるならば、銀行系での借り入れは不適切と言えるでしょう。自分に合った会社で借り入れをし、限度額で比較することや金利のことも考えましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2019 審査のゆるいカードローンを厳選!《※早く借りたい人限定!》 All Rights Reserved.